【閲覧注意】ロシアの天才カニバルボーイが「彼女の脳をフライにして食べた理由」がゾッとするほど怖い! 両耳切断、乳首切り取り…おぞましい犯行現場も

【閲覧注意】ロシアの天才カニバルボーイが「彼女の脳をフライにして食べた理由」がゾッとするほど怖い! 両耳切断、乳首切り取り…おぞましい犯行現場もの画像2Mirror」の記事より

■“ミルウォーキーの食人鬼”のファンだった!?

 将来を嘱望された有能な青年がなぜこのような残虐で猟奇的な殺人を犯したのか。彼の友人・知人たちもまったく理解できないと語っているようだが、捜査の過程で彼のダークな一面も浮かび上がっているという。

 ルキンはネット頻繁に連続殺人犯に関するサイトを見ており、「World of maniacs and serial killers」というウェブサイトの購読者であったことがわかっている。

 そしてルキンが特に“ファン”であるのがアメリカの連続殺人犯で“ミルウォーキーの食人鬼”との異名をとるジェフリー・ダーマーであるという。ダーマーは、1978年から1991年にかけて、主にオハイオ州やウィスコンシン州で17人の青少年を絞殺し、その後に屍姦、死体切断、人肉食を行った連続殺人鬼だ。その狂った残虐行為は当時のアメリカ社会を震撼させた。

【閲覧注意】ロシアの天才カニバルボーイが「彼女の脳をフライにして食べた理由」がゾッとするほど怖い! 両耳切断、乳首切り取り…おぞましい犯行現場もの画像3Mirror」の記事より

 はたしてルキンは第2のジェフリー・ダーマーになることを夢見ていたのか? いったい何がこの日の彼を変えたのか? 裁判は来年に行われる予定だ。犯行が調書の通りであるとすれば終身刑になることが見込まれるとのことだが、法廷では何が語られ、どのような裁きが下されるのか。続報が気になる。
(文=仲田しんじ)

【シリアルキラー・猟奇殺人 完全紹介シリーズはコチラ】

参考:「Daily Mail」、「Mirror」、ほか

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?