【閲覧注意・近親相姦】トランプの祖先!? 中世ドイツの伝説的シリアルキラー「ベートブルクの人狼」が鬼畜すぎる! 八つ裂き・人肉食・レイプ…!

【シリアルキラー・猟奇殺人 完全紹介シリーズはコチラ】

【閲覧注意・近親相姦】トランプの祖先!?  中世ドイツの伝説的シリアルキラー「ベートブルクの人狼」が鬼畜すぎる! 八つ裂き・人肉食・レイプ…!の画像1画像は「Mirror」より引用

 夜な夜な狼に姿を変え、人間を襲ってその肉を喰らうというヨーロッパの伝説的モンスター・人狼。中世ヨーロッパには数々の人狼の記録が残っているが、その中でも特に有名なのが「ベートブルクの人狼」こと、ペーター・シュトゥッペ(Peter Stumpp、姓についてはStubbe、Stumpfなど諸説あり)である。アメリカ大統領ドナルド・トランプ氏の祖先の一人ではないかという噂も流れ、最近にわかに注目を浴びている。


■ベートブルクの人狼

【閲覧注意・近親相姦】トランプの祖先!?  中世ドイツの伝説的シリアルキラー「ベートブルクの人狼」が鬼畜すぎる! 八つ裂き・人肉食・レイプ…!の画像2画像は「HORRORPEDIA」より引用

 ペーター・シュトゥッペはドイツ・ケルンの西にあるベートブルクという町の郊外に住んでいた。家族や生まれ年などの確かな記録は残っていない。村の中では豊かな農家で、周囲の人々からも尊敬されるごく普通の農民だったとされる。1580年代には妻に先立たれて独り身となっており、少なくとも二人の子供がいて、その一人はシビル(あるいはベーレ)という名の娘だった。

 裁判記録によると、シュトゥッペは12歳の頃から黒魔術に傾倒していたという。ある時、彼は悪魔から狼の皮でできた魔法のベルトを与えられた。そのベルトを身につけると、シュトゥッペはギラギラした目と鋭い牙の生えた大きな口を持つ巨大な体を持つ残忍な狼に変身したという。ベルトの力で人狼となったシュトゥッペは、獣のように羊やヤギを襲ってその血肉を喰らうようになった。そしていつしか、ベートブルク周辺で人間の子供や女性も襲うようになった。

 1564~1589年の5年で、シュトゥッペは18人の命を奪ったとされる。犠牲者の多くは子供だった。シュトゥッペは被害者を強姦・殺害した後、その四肢を切り裂いてその肉や内臓を喰らったという。被害者の子供の一人はシュトゥッペの実の息子であったが、彼はその脳も食べたとされる。なお、この息子は娘との近親相姦により生まれた子だという話もある。被害者には二人の妊婦も含まれていたが、彼は胎児を腹から引きずり出し、その心臓を食べたという。

 食い殺されてバラバラになった無残な死体は、隠すこともなく畑に打ち捨てられていた。立て続けに起こる残忍な事件に、人々は恐怖におののいた。周辺ではどう猛な狼が目撃されており、襲われたが運良く生き残った少女も大きな狼に襲撃されたと話した。狼を捕まえるべくハンターたちが動き出したが、そう簡単には姿を見せなかった。

【閲覧注意・近親相姦】トランプの祖先!?  中世ドイツの伝説的シリアルキラー「ベートブルクの人狼」が鬼畜すぎる! 八つ裂き・人肉食・レイプ…!の画像3画像は「Thought Co.」より引用

■人狼、捕縛される

 捕まるどころか疑われることもなかったシュトゥッペであるが、悪運は続かなかった。伝説によると、ある日ハンターたちは森で巨大な狼を発見し、猟犬を使って追い込んだ。すると、追い詰められた狼——シュトゥッペは魔法のベルトを外して人間の姿に戻った。人々は最初、シュトゥッペ本人ではなく、悪魔が彼の姿に化けているのではないかと疑ったという。だが本人であることが確認され、シュトゥッペは捕縛された。なお彼は捕まる直前、変身ベルトを谷底に投げ捨てたとされる。このベルトは後の捜索でも見つかっていない。

 取り調べを受けたシュトゥッペは、一切の犯行を認めて自供した。また、親戚(妹という説も)であるカタリナ・トランプ(余談であるが、彼女こそトランプ大統領の祖先の一人と噂される人物である)と夫婦関係にあるだけでなく、娘シビルと近親相姦の関係にあることも認めた。そして1589年10月28日、シュトゥッペは連続殺人と悪魔崇拝だけでなく、カタリナやシビルとの近親相姦でも有罪とされ、死刑の判決を受けた。

【閲覧注意・近親相姦】トランプの祖先!?  中世ドイツの伝説的シリアルキラー「ベートブルクの人狼」が鬼畜すぎる! 八つ裂き・人肉食・レイプ…!の画像4画像は「Wikipedia」より引用

 1589年10月31日、シュトゥッペは車輪刑によって処刑された。巨大な車輪にくくりつけられ、手脚を斧で叩き折られ、焼けたヤットコで10箇所の肉をむしり取られた後、その首を刎ねられたのである。首はポールのてっぺんに乗せて晒し者とされ、死体は車輪ごと燃やされた。また共犯者とされたシビルとカタリナも絞殺され、シュトゥッペと共に焼き捨てられた。


■人狼伝説の裏側

【閲覧注意・近親相姦】トランプの祖先!?  中世ドイツの伝説的シリアルキラー「ベートブルクの人狼」が鬼畜すぎる! 八つ裂き・人肉食・レイプ…!の画像5画像は「HORRORPEDIA」より引用

 ところで、シュトゥッペは無罪だったという説もある。事件が起きたのはドイツでも魔女狩りの嵐が吹き荒れていた時期で、悪魔崇拝の疑いをかけられたシュトゥッペも当然ひどい拷問にかけられた。そのような中で行われた自供にどれだけ信ぴょう性があるのか、疑問の声が出るのも当然であろう。また、シュトゥッペがプロテスタントだったことが裁判に影響しているという指摘もある。カトリックとプロテスタントの宗教対立が激しかった地域・時代であったことから、彼の裁判には宗教的・政治的な意図が働いていたのではないかというのである。

 真実はともあれ、この事件は当時のヨーロッパで大きなセンセーションを巻き起こした。シュトゥッペの事件と裁判、そして死刑の様子をまとめた冊子が作られ、遠くイギリスでも英語に翻訳出版された。オリジナルのドイツ語版はすでに失われたが英語版はイギリスに現存しており、この人狼事件の記録を現代に伝えている。シュトゥッペは世にも恐ろしい人狼として歴史に名を残したのである。

【シリアルキラー・猟奇殺人 完全紹介シリーズはコチラ】


参考:「Thought Co.」、「Mirror」、ほか

文=吉井いつき

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

【閲覧注意・近親相姦】トランプの祖先!? 中世ドイツの伝説的シリアルキラー「ベートブルクの人狼」が鬼畜すぎる! 八つ裂き・人肉食・レイプ…!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル