テイラー・スウィフトはクローン人間であることが判明?オリジナルは悪魔主義者「ジーナ」、証拠写真多数、イルミナティも関与か!?

 米国を代表する歌手テイラー・スウィフトにクローン疑惑が浮上している。それもただのクローンではない。「悪魔協会」(Church of Satan)の大司祭のクローンだというのだ。

 まずはこの写真を見て欲しい。

テイラー・スウィフトはクローン人間であることが判明?オリジナルは悪魔主義者「ジーナ」、証拠写真多数、イルミナティも関与か!?の画像1画像は「Mashable」より引用

 どこからどう見てもテイラー・スウィフトに見えるが、実はこの人物、悪魔協会の大司祭だったジーナ・シュレック(ジーナ・ガラティア・ラヴェイ)なのだ。父は悪魔協会を設立したアントン・ラヴェイである。ジーナは芸術家・ミュージシャンとして今も活躍しているが、1985年~1990年にかけて悪魔協会の大司祭を務めていた。

テイラー・スウィフトはクローン人間であることが判明?オリジナルは悪魔主義者「ジーナ」、証拠写真多数、イルミナティも関与か!?の画像2画像は「Before its news」より引用
テイラー・スウィフトはクローン人間であることが判明?オリジナルは悪魔主義者「ジーナ」、証拠写真多数、イルミナティも関与か!?の画像3画像は「Before its news」より引用

 ジーナもテイラーも同じくブロンドの髪で、目鼻立ちも瓜二つである。他人の空似では済ますことはできないほどソックリなのだ。しかし、たとえテイラーがジーナのクローンだとしても、なぜクローンを作る必要があったのだろうか?

テイラー・スウィフトはクローン人間であることが判明?オリジナルは悪魔主義者「ジーナ」、証拠写真多数、イルミナティも関与か!?の画像4画像は「Before its news」より引用

 トカナで何度もお伝えしてきたように、同じく米人気歌手のケイティ・ペリーは、悪魔崇拝組織「イルミナティ」の奴隷と化し、同組織の広告搭としてショービズ業界に君臨していることが徐々に明らかになってきている。悪魔協会の華であった若かりしジーナをクローンとして再現し、悪魔主義をショービズ業界から広めようというのが、イルミナティの魂胆なのかもしれない。

 Twitterでも、「テイラー・スウィフトは、ジーナのDNAから作られたイルミナティクローンだ」との声が挙がっており、100人以上が参加したアンケートでは56%がテイラーとジーナの間に何らかの関係があると答えている。

 また一説によると、最新ミュージックビデオでは、テイラーが堕天使「ルシファー」を演じているともいわれている。ルシファーといえば、イルミナティが崇拝していることで有名だ。ますます、テイラーとジーナ、そしてイルミナティの関係に怪しい繋がりが見えてくるではないか。今後はケイティだけでなく、テイラーの言動にも注目しておいた方が良さそうだ。

参考:「Mashable」、ほか

TOCANA編集部

地震予知、不思議科学、UFO、オカルト、世界遺産など知的好奇心を刺激するニュースを配信
Twitter:@DailyTocana
Instagram:tocanagram
Facebook:tocana.web

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

テイラー・スウィフトはクローン人間であることが判明?オリジナルは悪魔主義者「ジーナ」、証拠写真多数、イルミナティも関与か!?のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル