テイラー・スウィフトはクローン人間であることが判明! オリジナルは悪魔主義者「ジーナ」、証拠写真多数、イルミナティも関与か!?

 米国を代表する歌手テイラー・スウィフトにクローン疑惑が浮上している。それもただのクローンではない。「悪魔協会」(Church of Satan)の大司祭のクローンだというのだ。

 まずはこの写真を見て欲しい。

テイラー・スウィフトはクローン人間であることが判明! オリジナルは悪魔主義者「ジーナ」、証拠写真多数、イルミナティも関与か!?の画像1画像は「Mashable」より引用

 どこからどう見てもテイラー・スウィフトに見えるが、実はこの人物、悪魔協会の大司祭だったジーナ・シュレック(ジーナ・ガラティア・ラヴェイ)なのだ。父は悪魔協会を設立したアントン・ラヴェイである。ジーナは芸術家・ミュージシャンとして今も活躍しているが、1985年~1990年にかけて悪魔協会の大司祭を務めていた。

テイラー・スウィフトはクローン人間であることが判明! オリジナルは悪魔主義者「ジーナ」、証拠写真多数、イルミナティも関与か!?の画像2画像は「Before its news」より引用
テイラー・スウィフトはクローン人間であることが判明! オリジナルは悪魔主義者「ジーナ」、証拠写真多数、イルミナティも関与か!?の画像3画像は「Before its news」より引用

 ジーナもテイラーも同じくブロンドの髪で、目鼻立ちも瓜二つである。他人の空似では済ますことはできないほどソックリなのだ。しかし、たとえテイラーがジーナのクローンだとしても、なぜクローンを作る必要があったのだろうか?