テイラー・スウィフトはクローン人間であることが判明! オリジナルは悪魔主義者「ジーナ」、証拠写真多数、イルミナティも関与か!?

 米国を代表する歌手テイラー・スウィフトにクローン疑惑が浮上している。それもただのクローンではない。「悪魔協会」(Church of Satan)の大司祭のクローンだというのだ。

 まずはこの写真を見て欲しい。

テイラー・スウィフトはクローン人間であることが判明! オリジナルは悪魔主義者「ジーナ」、証拠写真多数、イルミナティも関与か!?の画像1画像は「Mashable」より引用

 どこからどう見てもテイラー・スウィフトに見えるが、実はこの人物、悪魔協会の大司祭だったジーナ・シュレック(ジーナ・ガラティア・ラヴェイ)なのだ。父は悪魔協会を設立したアントン・ラヴェイである。ジーナは芸術家・ミュージシャンとして今も活躍しているが、1985年~1990年にかけて悪魔協会の大司祭を務めていた。

テイラー・スウィフトはクローン人間であることが判明! オリジナルは悪魔主義者「ジーナ」、証拠写真多数、イルミナティも関与か!?の画像2画像は「Before its news」より引用
テイラー・スウィフトはクローン人間であることが判明! オリジナルは悪魔主義者「ジーナ」、証拠写真多数、イルミナティも関与か!?の画像3画像は「Before its news」より引用

 ジーナもテイラーも同じくブロンドの髪で、目鼻立ちも瓜二つである。他人の空似では済ますことはできないほどソックリなのだ。しかし、たとえテイラーがジーナのクローンだとしても、なぜクローンを作る必要があったのだろうか?

人気連載
新型コロナの「国内パスポート案」が“愚策の極み”である決定的理由はコレだ!天才・亜留間次郎が徹底解説

新型コロナの「国内パスポート案」が“愚策の極み”である決定的理由はコレだ!天才・亜留間次郎が徹底解説

【薬理凶室の怪人で医師免許持ちの超天才・亜留間次郎の世界征服...

人気連載
アナタの怒りやすさがマジで当たる4択占い! 周囲が抱いている印象も判明、Love Me Doの指摘で自省を!

アナタの怒りやすさがマジで当たる4択占い! 周囲が抱いている印象も判明、Love Me Doの指摘で自省を!

■あなたの“怒り”と周囲の印象 「ある女の子が片付けをし...

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ