「来年は話題にもなっていないよ」芸能界の重鎮が笑う元SMAP3人の落とし穴! 仕掛け人も焦っている証拠とは?


 稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾の元SMAP3人が旋風を巻き起こしている。11月に放送した「72時間ホンネテレビ」(AbemaTV)のアクセスは7400万人を突破。番組ではSMAPを脱退し、オートレーサーに転身した森且行も生出演するなど、ジャニーズ時代ではありえない演出が話題となった。“仕掛け人”は元SMAPチーフマネジャーの飯島三智氏。同氏は大晦日にもサプライズ企画を準備しているという。

 飯島氏の尽力もあり、スタートダッシュに成功した3人だが、実は業界では「人気は一時的。来年の今頃は全く違う状況に追い込まれているはずだ」という声が圧倒的。

 理由の1つとして挙げられるのは、昨年、SMAPの解散騒動が勃発した際、渦中の人物となった飯島氏は周囲に「もう2度と芸能界で仕事はしない」と誓約していたことにある。舞台裏を知る関係者は「ジャニーズ事務所だけでなく、大手プロダクションの社長も『復帰するにしても、しばらくは大人しくしておいた方がいい』と助言していたんです。それがすぐに表舞台に出始めた。『いくらジャニーズが憎いからと言ってやりすぎだ』といった声が上がっているのです」と話す。

 飯島氏は地上波ではなく、前出AbemaTVをはじめとしたネット番組やSNSを重要視している。それはそれで結構なことだが、これまで懇意にしていた朝刊スポーツ紙や雑誌記者を“排除”するようになったのはいただけない。

 スポーツ紙記者が語る。「イベントで飯島氏に会い、改めて名刺交換しようとしたら『ごめんなさい、いま切れていて』と言われた。こんなわかりやすい嘘をつくとは…。別の機会に社を通じてSMAPメンバー3人にインタビューを打診したところ、あっさり断られた。どうも飯島さんは昨年の解散騒動で自分を否定的に書いた朝刊スポーツ紙のことを苦々しく思っているようで『あいつらは信用ならない』と周囲に話しているそうです。こんなことをしていたら、いずれメディアからソッポを向かれてしまいますよ」

 頼みの綱であるAbemaTV自体も怪しい。当サイト既報だが、7400万人というアクセス数は、イコール視聴者数ではなく、人気のバロメーターにはならない。

「7400万人を3日間、さらに24時間で割ると、単純計算で視聴率は1%ほど。しかも彼らの熱心なファンが何度もチャンネルを往復してアクセス数を稼いでいるので、数字ほどの人気とは言えない。テレビ局側もその辺りのカラクリにはとっくに気付いている」(テレビ関係者)

 何よりAbemaTV自体の収益システムは赤字が先行しており、不安定。歌舞伎役者の市川海老蔵ら「72時間――」に出演した豪華ゲストとのギャラ交渉もこれからという。

「ジャニーズ事務所に忖度するテレビ各局は元SMAP3人の起用には及び腰。つまり、彼らは限定的な支持層だけを相手に商売するネットアイドルになるしかない。飯島氏が次から次へと奇策を繰り出しているのは焦りの表れ。芸能界のある重鎮は『来年のいまごろは話題にもなっていないよ』と笑っている」とは前出スポーツ紙記者だ。

 順風満帆に見えて、実は追い込まれているのかもしれない。3人の躍進を期待している者も多いだけに、今後の動向が注目される。

文=編集部

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

人気連載
村田らむが三重県伊賀市を「ニンニン忍者尽くし」のぶらり旅! 1人で行っても超楽しい…絶ッ対に行きたくなるルポ

村田らむが三重県伊賀市を「ニンニン忍者尽くし」のぶらり旅! 1人で行っても超楽しい…絶ッ対に行きたくなるルポ

――B級スポット、樹海や禁断の土地、ホームレス取材を得意とす...

人気連載
「美しすぎる母親」をもった精神科医を襲った“美醜の苦悩”! 蘇る母の性的な記憶とコンプレックス

「美しすぎる母親」をもった精神科医を襲った“美醜の苦悩”! 蘇る母の性的な記憶とコンプレックス

<第6回 春日武彦→末井昭> ■■■■■猫嫌い■■■■■ ...

「来年は話題にもなっていないよ」芸能界の重鎮が笑う元SMAP3人の落とし穴! 仕掛け人も焦っている証拠とは?のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル