2018年はM7超大地震が「今年の3倍」発生することが判明! 米科学者「地球の自転が遅くなっているのが影響。過去データも」

関連キーワード:

,

,

,

,

2018年はM7超大地震が「今年の3倍」発生することが判明! 米科学者「地球の自転が遅くなっているのが影響。過去データも」の画像1画像は「Daily Mail」より引用

 今年もメキシコ地震、中国・九寨溝地震、イラン・イラク地震、チベット自治区での地震などM7クラスの地震があちこちで発生したが、来年はさらに多くの地震が世界各地を襲うと科学者らが警鐘を鳴らしている。英紙「Daily Mail」(20日付)が報じている。

 米コロラド大学のロジャー・ビルハム氏らによると、今年は現在までに6つの深刻な地震が発生したものの、「比較的イージーな年だった」とのこと。それというのも、2018年は今年の3倍、20ものM7超地震が発生する見込みだというのだ。

2018年はM7超大地震が「今年の3倍」発生することが判明! 米科学者「地球の自転が遅くなっているのが影響。過去データも」の画像2画像は「Thinkstock」より引用

 ビルハム氏らによると、地震活動の活発化は自転の減速と強い相関関係があるという。どういうことだろうか? ご存知のように地球は完全な球体ではない。自転によりそれまで回転方向に引っ張られた楕円形をしている。つまり自転が遅くなればなるほど、回転方向に引っ張る力が弱まり、赤道半径が短くなっていく。ところが、たとえ地球そのものの形が変化しても、地下に埋まっている構造プレートのサイズは変わらない。このミスマッチが地震を誘発するというわけだ。

「地球の自転と地震活動の相関関係は強いため、来年は強い地震が多数発生することでしょう」(ビルハム氏)

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ