奇習! 全裸の集落 ― 日本海側で暮らしていた“裸族”の実態、どこから来て何をしていた?

関連キーワード:

,

,

,

,

,

【日本奇習紀行シリーズ】 日本海側

 江戸時代の大黒屋光太夫や、幕末期のジョン万次郎がそうであったように、ひょんなことから漂流し、異国へと流れ着く人々というのは、世界各国、いつの時代にも少なからず存在しているが、実はこの国にも、異国より辿り着いた人々がそのまま定住し、不思議な習慣を持ち込みつつ、子々孫々にわたって自らの血と習慣を受け継いできたケースがあるという。


「まあ、とにかく奇妙な連中だったよ。俺たちとは一切、口も利きやしないし、近づくことさえ避けてたんだから」


 かつて自身が住んでいた日本海側のとある小さな村に隣接する別の集落で暮らしていた人々についてそう証言しはじめたのは、今なお近隣で細々と漁業を営んでいるという中添比呂志さん(仮名・87)。中添さんの話によると、その集落で住んでいた人々は、当時の人々から見たときに、なんとも奇怪な習慣を行っていたという。

「要はね、裸なのよ、いつも。裸でそのへんをフラフラしてるの。だから俺たちはいっつも(その集落のあった土地の)下の方から、そっちの方を見て、本当におかしな連中だなって思っていたもんさ」

奇習! 全裸の集落 ― 日本海側で暮らしていた裸族の実態、どこから来て何をしていた?の画像2画像は「Thinkstock」より引用

 中添さんたち近隣の村々に住む人々と、一切交わることもなく、ただひたすらに“裸族”としての生活をしていたという彼ら。しかし、その理由を尋ねようにも、彼ら以外の人間が集落に近づくことに気づくや否や、すぐに家の中へと隠れ、堅くその戸を閉ざしてしまうことから、結局、現在に至るまで、彼らが何故、そうした暮らしをしていたのかさえ、わからぬままであるという。


「まあ、これは昔から言われてた噂話みたいなもんだから、正直なところ本当かどうかは分からないけれども、なんでも、あいつらは大昔にね、よその国から来た連中だっていうの。それで船が途中で難破して流れ着いた、と。……にしたって、なんで裸なんだ? っていう話なんだけどもね(苦笑)」


 その後に訪れることとなった時代の変化に伴う形でのことなのか、当地には今なお彼らの子孫たちこそ暮らせど、かつてその祖先が“裸族”であったことを微塵も感じさせずに、ごくごく普通の暮らしを続けているという。果たして、彼らは一体どこからやってきて、どのような経緯で当地に定住し、なぜそのような奇妙な暮らしを続けていたのか。“裸族”として暮らしていた世代が没して久しい今、その真相について解き明かす術は、もう何一つ残されていないのかもしれない。

文=戸叶和男

●戸叶和男の記事一覧はコチラ

戸叶和男の記事一覧はこちら

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

奇習! 全裸の集落 ― 日本海側で暮らしていた“裸族”の実態、どこから来て何をしていた?のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル