奇習! 浮気男が怯える“女穴”を使った伝統的裁判 ― ペニスを無理やり挿入、もしもクロなら…=中部地方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1

【日本奇習紀行シリーズ】 中部地方

kishu1204_01.jpg画像は「Thinkstock」より引用

 オードリー・ヘプバーンがヒロインをつとめた往年の名作映画『ローマの休日』にも登場し、現在ではその特徴的な形状をモチーフにした占い機をはじめ、世界の至るところにそのレプリカが無数に存在しているサンタ・マリア・イン・コスメディン教会(イタリア)の『真実の口』。しかしそんなイタリアから1万キロ近く離れた日本には、この『真実の口』を彷彿とさせる“真実の穴”とも言うべき代物と、それを使った儀式が、かつて存在していたという。


「たしかにあれ(※真実の口)によく似ているよな(苦笑)。だから昔、映画で見たときは、真似されたって思ったぐらいだもの」


 自身が生まれ育った中部地方の某所に存在するという、“真実の穴”と、それを用いた儀式についそう証言するのは、現在もなお、当地からさほど離れていない小さな町に暮らすという田嶋馨さん(仮名・89)。田嶋さんの話によると、この“真実の穴”とも言うべき代物は、かつて、当地の男性たちにとって忌むべき存在として位置づけられていたという。


「あのね、今でもさんざんテレビなんかでやっているけれども、昔からね、道ならぬ恋というか、まあ、平たく言えば浮気や不倫をやらかす男っていうのは、割といてね。そういう男がさ、カミさんやら浮気相手のダンナやらに疑われたときにはね、村の人間が集まって、裁判みたいなことをするわけ。その時に使われたのが、あの穴なんだよ」

人気連載
油田を発見して「経済崩壊」した国・モーリタニアのやばい謎を亜留間次郎が解説! 現在は中国政府が介入し…!?

油田を発見して「経済崩壊」した国・モーリタニアのやばい謎を亜留間次郎が解説! 現在は中国政府が介入し…!?

【薬理凶室の怪人で医師免許持ちの超天才・亜留間次郎の世界征服...

人気連載
選ばれしキャバ嬢による「プロ孫」の世界 ― 1年間の研修、3つの書類、致命的ミス… 本当にあった“罪深き世界”

選ばれしキャバ嬢による「プロ孫」の世界 ― 1年間の研修、3つの書類、致命的ミス… 本当にあった“罪深き世界”

ある元キャバ嬢から聞いた怖い話です。  キャバクラが何を売っ...

コメント

1:匿名 2017年12月10日 19:08 | 返信

【ガチ勝負】真実の口の占い機vsオカマの占い師、当たるのはどっち?
というのはどうだい?
ワシは占いの機械に一票。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。