東京五輪に向け、ジャニーズが「ホモセクハラ報道」の社長の勇退を構想中!? “ロリコン大国・日本”のイメージ助長で

関連キーワード:

,

,

東京五輪に向け、ジャニーズが「ホモセクハラ報道」の社長の勇退を構想中!? ロリコン大国・日本のイメージ助長での画像1

 SMAP騒動で揺れた2017年のジャニーズ事務所だが、紅白歌合戦にも多くのグループが出演するなど、圧倒的な存在感は健在だ。

 特に嵐の人気はとどまるところを知らない勢いで、今年度もっとも稼いだアイドルグループのひとつとなっている。国民的グループとして認知されている嵐だけに、東京オリンピックでの活躍も気になるところだが……。

「実は、日本オリンピック委員会としては、あまりタレントやアイドルに偏る告知に力を入れようとは考えていないようです。それよりも、坂本龍一や北野武など文化枠で世界的な名声を獲得しているアーティストにコラボを依頼したいようです。オープニングには、チームラボがすでに内定を決めているという情報もあり、ますます日本でしか人気のない芸能人が絡むのは難しい状況かもしれません」(民放関係者談)

 オリンピックともなれば、次に日本で開催されるのがいつになるのかわからないだけに、ジャニーズにとって最も出演したいイベントであることに変わりはない。

「次期社長が内定している藤島ジュリー景子氏を中心に、オリンピックの広告関連を取り仕切る電通とすでに打ち合わせが何度も行われているという。普段は広告に対して嵐を中心に強気の値段設定をするジャニーズ事務所ですが、今回のオリンピック関連の仕事に関しては慈善活動と割り切って、ノーギャラでもかまわないと意気込んでいるようです。ただ、それでも開会式などに関わることは難しそうで、NHKか民放各局のメインパーソナリティレベルの仕事しか受けられないだろうという声も」(週刊誌記者談)

 オリンピックまで残り2年あるとは言え、ジャニーズ事務所も焦りを隠せないようだ。

「番組のパーソナリティレベルならば、調整をしなくても取れると考えているので、あくまでも日本オリンピック委員会との仕事を希望している。しかし、電通としてもとある事情が原因で無理かもしれないと通告をしているといいます」(週刊誌記者談)

 その原因というのが、ジャニーズ事務所の創設者であり現在も天才的な目利きで少年たちをスターに育て上げているジャニー喜多川社長その人だ。

「電通としては、最もポピュラーな世界的イベントであるオリンピックで、過去に文春に少年への“ホモセクハラ疑惑報道”をされ、最高裁で認められたジャニーさんが代表者でいることに危機感を抱くのではといわれています。というのも、日本でもここ最近は児童ポルノに関して非常に監視の目が厳しくなっているのですが、欧米は比べ物にならないほどに監視体制が高い。アジアでは、いまだに違法で児童買春が行われていることや、日本でもロリコンアニメが有名なことも含め叩かれやすい状況となっている。ここ最近でもオリンピックを控え、歌舞伎町を中心とした違法DVDショップが摘発されていますが、これらは女子高生を金銭で騙し逮捕者も出した関西援交シリーズなどの児童ポルノDVDの発売を根絶やしにすることが目的です。JKリフレなどもありますが、近々一斉に摘発されるとのこと。そういった動きを見ても、過去に裁判まで起こした騒動がネックになっているようです」(週刊誌記者談)

 そこで、着々と進められているのは、ジャニー喜多川社長の勇退と、女性だらけのクリーンな事務所のイメージ戦略だ。

「女性経営を全面に押し出し、ジャニーズの過去の少年愛的なイメージをすべて払拭したいと考えている可能性があるとか」(スポーツ新聞記者談)

 戦略はうまくいくのか?

文=編集部

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

東京五輪に向け、ジャニーズが「ホモセクハラ報道」の社長の勇退を構想中!? “ロリコン大国・日本”のイメージ助長でのページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル