「クリスマスに対北朝鮮の先制攻撃始まる」ヤバすぎる情報が防衛省全体に流布! 全面戦争で東京壊滅… 2つのシナリオを研究家が徹底解説!

――軍事研究家が緊急寄稿! 北朝鮮危機を見誤るな!

【速報】「クリスマスに対北朝鮮の先制攻撃始まる」ヤバすぎる情報が防衛省全体に流布! 全面戦争で東京壊滅… 2つのシナリオを研究家が徹底解説!の画像1画像は、Thinkstockより

 現在、防衛省内にてまことしやかにささやかれている噂がある。それも、現役大臣を発信源とする噂だ。それは、「トランプ政権が年内に対北朝鮮限定先制攻撃を行う」との噂である。一体どういう事だろうか? 日本への影響は無いのだろうか? 以下、詳細を見ていきたい。

 噂はこのようなものである。「2017年内に、トランプ政権は対北朝鮮限定先制攻撃を行う可能性がある。特にクリスマスの時期に行われる可能性が高い」この情報が省庁全体に流布されているのが現状なのだ。


●開戦 2つの可能性

 この噂を詳細に検討すると、2つの可能性に行き着く。

 1つ目は、米空軍の誇るステルス戦略爆撃機による寧辺(ニョンビョン)の核関連施設及び平壌(ピョンヤン)の北朝鮮最高指導者・金正恩そのものを排除する作戦。これには、朝鮮半島付近に度々飛来しているB-1B、もしくはB-2Aステルス戦略爆撃機が用いられるであろう。いずれにせよ、グアム島のアンダーセン空軍基地から出撃し、地中貫通爆弾(バンカーバスター)を用い、寧辺の核施設及び金正恩私邸を破壊するという手法を取る事になる。

 2つ目は、在韓米軍基地、もしくは朝鮮半島沖合に展開させた米海軍原子力潜水艦から特殊部隊を寧辺(ニョンビョン)の核関連施設及び平壌(ピョンヤン)の金正恩私邸に出撃させ、占拠する作戦。これは朝鮮半島の西側の海にあたる黄海に展開させたヴァージニア級、もしくは改オハイオ級攻撃型原子力潜水艦より小型潜水艇にて米海軍「ネイビー・シールズ」をはじめとする特殊部隊を出撃させ、寧辺の核関連施設、及び金正恩私邸の占拠を行う算段となる。出撃拠点はなにも米海軍原子力潜水艦でなくてもよく、在韓米軍基地からオスプレイを用いて投入しても良いし、輸送機からパラシュート降下しても良い。沖縄の嘉手納基地には、こうした特殊部隊投入を任務とする輸送機MC-130「コンバットタロン」が配備されている。

 こうした2つのシナリオが考えられる。

 12月はこうした作戦にうってつけの時期である。最新鋭のステルス戦闘機F-22、F-35を含め230機余りの機体が投入される米韓合同空軍演習が行われるほか、日本においても九州で陸上自衛隊と米海兵隊との合同実働演習が行われる。また、日米合同机上演習「ヤマサクラ」も行われるのだ。特筆すべきは、この「ヤマサクラ」においては、北朝鮮による対日弾道ミサイル攻撃が想定され、国民保護が行われることを前提とした上で演習が実施されることだ。

 また、我が国の防衛大臣は11月15日の段階で在韓米軍司令官のブルックス大将と、翌16日には米太平洋軍司令官ハリス大将と会談を行なっている。更に、米共和党の重鎮リンゼー・グラム上院議員は12月3日、ペンタゴンに対し在韓米軍将兵の家族を退避させるよう求めた。日米防衛当局は、「対北朝鮮限定先制攻撃」を見越し、着々と防備を進めているのである。

「クリスマスに対北朝鮮の先制攻撃始まる」ヤバすぎる情報が防衛省全体に流布! 全面戦争で東京壊滅… 2つのシナリオを研究家が徹底解説!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで