美人妻のフェイスブックが「いいね」される度にボコボコに殴り続けた鬼畜夫! 一体なぜ… パラグアイ農村に残るマチスモがDVの原因か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3

■悪魔のような夫、ガリアーノ

 パラグアイの農村部には、今もマチスモ(男性優位思想)やマリアニスモ(女性は夫や家長に従順であるべしという考え方)が根強く残っており、家庭内暴力の発覚が遅れる一因になっているとの指摘もある。

 しかし今回、あまりにも残忍な息子の暴力を見かねたガリアーノの父親がついに警察に通報。結果、ガリアーノは逮捕され、女性への重大な暴行と自由の剥奪などの罪によって、最大30年の刑罰を科される可能性がある。ちなみにガリアーノは、たとえ友人女性からの“いいね”でも妻を殴っていたようだ。

facebookassaults3.JPG悪魔のような夫ガリアーノ 「Daily Mail」の記事より

 この事件にせめてもの救いがあるとすれば、ガリアーノの父親が何とか正気を保っており、自らの息子を警察に差し出したという点かもしれない。オルティゴザさんは、若くて可愛らしい女性だ。勇気を持って新しい人生に踏み出し、幸せになってもらいたいものだ。
(文=三橋ココ)


Colombia-Paraguay: Women March against Gender-Based Violence 動画は「YouTube」より


参考:「Daily Mail」、ほか

コメント

3:匿名 2017年12月15日 08:43 | 返信

DVする男って、外面は大変良くて、まして付き合っている間はとても気遣いでき、寧ろ優しいらしいですね。
結婚した途端、所有欲が強くなって嫉妬通り越して劣等感の塊みたくなるのかね?
どちらにしても病気

2:匿名 2017年12月15日 00:14 | 返信

暴力男は結婚後に豹変する輩が多いらしいから、見極めは難しいのでは?

1:匿名 2017年12月14日 19:48 | 返信

まぁ、付き合う時、結婚する時に見る目が無いだけだと思うw

ヤンキーの女がヤンキー暴力男と結婚して殴られて離婚するのと同じくらいアホくさ。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。