嵐がオリンピックに向けてYouTube再生回数“世界最速1億PV”目指すか? ジャニーズのネット進出が止まらない!

関連キーワード:

嵐がオリンピックに向けてYouTube再生回数世界最速1億PV目指すか? ジャニーズのネット進出が止まらない!の画像1

 SMAP解散後、国民的アイドルの称号を独り占めしているのがだ。各メンバーの人気はもちろん高く、コンサートチケットの争奪戦は凄まじい。本人だけでなく家族の名義までをも使って、チケット購入権利のあるファンクラブに加入申し込みをするファンが多い。まさに、いま日本で一番金を生むアイドルが嵐なのだ。

 その嵐に、さらなる展開が噂されている。ユーチューブへの進出だという。

「ジャニーズは、『コピー無法地帯のインターネットに、大切なタレントの肖像を掲載するわけにはいかない』というジャニー喜多川社長の信念のもと、一切のネットへの画像や映像の使用を許可しませんでした。アマゾンなどのネット通販でも、ジャニーズタレントが表紙の写真は白抜きにするように指示を出していたほどです。そんな異常体制だったのですが、2年ほど前から徐々にジャニーズタレントをネットで見かけるようになり、最近では嵐の二宮和也が、インタビューという形ですが映画のPRでネットニュースへ顔出しで登場しました。これまで“紙媒体でしかジャニーズタレントが見られないこと”が売上に貢献していた雑誌やスポーツ新聞は、戦々恐々としているようです」(週刊誌記者談)

 さらに衝撃的だったのは、CDデビュー20周年を迎えたKinKi Kidsが、ベストアルバム「The BEST」のリリースを記念して、ライブのハイライト映像をGYAO!で配信したことだ。

「テレビ以外の映像メディアで、ジャニーズタレントが露出したことはかつてなかった。しかも、ジャニー喜多川社長のお気に入りのキンキだったことで、ついにジャニーズにもネット解禁の波が来ると話題となりました」(スポーツ新聞記者談)

 その後も、ドラマの公式ホームページなどでもジャニーズタレントの顔写真が使用されるなど、徐々にではあるがネット解禁が進んでいる。

「ジャニーさんとしては、ネットへの解禁も致し方ないと頭ではわかっているのですが、納得できない部分もあるようです。会社的には次期社長と言われる藤島ジュリー景子さんを中心としてネットへの売り込みを進めているようです。テレビ各局との調整をしながらなので一気にネット解禁とはいかないようですが、SMAPが解散して穴が空いた100億円近いと言われる売上を、少しでもカバーするためにネットでの展開を考えているようです」(民放関係者談)

 そんなジャニーズに衝撃が走ったのが、元SMAPである3人のネットでの大活躍だ。

「香取慎吾、稲垣吾郎、草なぎ剛のネット配信がとんでもない数字となった。ジャニーズも3人のネット展開は想定していたようですが、ここまで話題になるとは思っていなかったようです」(スポーツ新聞記者談) 

 しかも、嵐を育て上げた藤島氏とライバル関係だった元SMAPマネージャーの飯島三智氏が3人の生放送を主導したからジャニーズとしても黙っていられない状況となった。

「ジャニーズを解雇された飯島さんがネットでジャニーズをクビになった3人と大成功を収めたわけですから、ジャニーズ事務所としても笑えない。ジュリーさんは元々ネットへの興味もあった人なので、ライバル心に火がついたようです。

 まずは、ネットに強い日本テレビと番組セットで嵐のネット展開を考えているようです。さらに、オリンピックに向けアピールしたいということで、来年、CMと連動してユーチューブでしか見られない嵐のSP映像を公開するプロジェクトもあるとか。目標としては、世界でもっとも早く1億PVに達成させギネスにも申請したいと意気込んでいるのではといわれています」(民放関係者談)

 来年は、ジャニーズタレントのネット進出がさらに加速しそうだ。

TOCANA編集部

地震予知、不思議科学、UFO、オカルト、世界遺産など知的好奇心を刺激するニュースを配信
Twitter:@DailyTocana
Instagram:tocanagram
Facebook:tocana.web

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

嵐がオリンピックに向けてYouTube再生回数“世界最速1億PV”目指すか? ジャニーズのネット進出が止まらない!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル