瞑想を誤解している人が多すぎる! マインドフルネス瞑想の“重大な悪影響”を科学者が指摘! 記憶力悪化、犯罪助長、創造力にも無関係と判明!

関連キーワード:

,

,

,

瞑想を誤解している人が多すぎる! マインドフルネス瞑想の重大な悪影響を科学者が指摘! 記憶力悪化、犯罪助長、創造力にも無関係と判明!の画像1画像は「Thinkstock」より引用

 アップル、グーグルなど欧米の大企業もこぞって社員研究に取り入れ、昨今、世界中で大きな流行をみせているマインドフルネス瞑想。創造力が増し、ストレスが軽減するとして、我が国の多忙なビジネスパーソンも積極的に取り入れているが、ここに来て、瞑想の負の側面、いわゆる副作用が指摘され始めているのだ。


■マインドフルネス瞑想が犯罪を助長する

 心理学系ニュースサイト「Psychology Today」(11月20日付)が、今年10月、科学ジャーナル「Personality and Social Psychology Bulletin」に発表された驚きの論文を紹介している。それによると、同論文執筆者らが、259人の囚人と516人の大学生にマインドフルネス瞑想を実践してもらい、2つの観点(感情の抑制と自己に対する判断の保留)から、その影響を分析したところ、囚人らに負の影響が顕著に表れたというのだ。

 まず一つ目の感情の抑制においては、「犯罪傾向認知スケール(CCS)」(他者より優れているという感覚、自身の責任を受け入れない態度、権力に対する否定的態度、短期的な結果に集中する傾向、犯罪行為に対する無関心など)のスコアが低く出たものの、自己に対する判断の保留においては、囚人のCCSスコアが極めて高い値を叩き出したという。

 それというのも、犯罪行為に繋がる思考パターンに慣れている人物にとって、自身の思考に対する判断を保留するということは、自身の行動の責任を取らないことに繋がるため、CCSのスコアが高く出たのだという。囚人の更生や犯罪衝動の抑制を目的として、マインドフルネス瞑想を取り入れる刑務所が増えてきているが、本当に瞑想が犯罪抑止に役立つのか、今一度見直した方が良いかもしれない。

■創造力に効果ナシ、記憶力悪化、鬱病発症の危険性

瞑想を誤解している人が多すぎる! マインドフルネス瞑想の重大な悪影響を科学者が指摘! 記憶力悪化、犯罪助長、創造力にも無関係と判明!の画像2画像は「Thinkstock」より引用

●創造力を高める効果はほぼ無い

 また、ビジネスパーソンがマインドフルネス瞑想に最も期待しているであろう創造力にも、それほど関連がないことが分かっている。ウェブニュース「Inc.com」(2016年9月16日付)によると、研究者らがマインドフルネスネスと創造力の関係を調査した20の研究をメタ分析したところ、マインドフルネス瞑想が創造力(=思考の多様性)に与える影響が小さかったことが科学ジャーナル「Personality and Individual Differences」で掲載された論文で判明したという。


●記憶力の悪化

 さらに耳の痛い話だが、2015年に「Psychological Science」に掲載された論文では、マインドフルネス瞑想は記憶力に悪影響を与えるとまで指摘されているのだ。研究者らは、マインドフルネス瞑想をした被験者と、そうでない被験者に対しDRMパラダイム(Deese–Roediger–McDermott paradigm)と呼ばれる虚記憶を調べる実験をしたところ、マインドフルネス瞑想をした被験者の方が悪い結果を記録したという。


●精神病の発症

 そして、最大の問題はマインドフルネス瞑想が、うつ病・躁病・パニックなどを引き起こす可能性があると言われている点である。英コヴェントリー大学のミゲル・フェリアス教授の研究によると、14人に1人がマインドフルネス瞑想による深刻な悪影響を被っているという。

「自身の内面を見つめ、現実認識を変えるテクニックが、潜在的な悪影響を持たないわけがありません。全ての瞑想研究はネガティブな側面もしっかりと調べるべきです」(フェリアス教授)

 他の研究では、瞑想中に気分が悪化したり、瞑想によりトラウマが強化されてしまうケース、離人症を発症しているケースなども報告されているが、実は瞑想の悪影響は伝統的な仏教の世界ではよく知られていることなので、トカナで紹介しよう。

瞑想を誤解している人が多すぎる! マインドフルネス瞑想の“重大な悪影響”を科学者が指摘! 記憶力悪化、犯罪助長、創造力にも無関係と判明!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル