【衝撃】火星に砲弾が落ちていることが判明! NASA探査機が激写、専門家断言「火星文明を絶滅させた大戦争の痕跡」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント6

marsmetalball3.JPG画像は「NASA」より

■火星文明を絶滅させた大戦争の痕跡か

 一方、トカナではおなじみの台湾在住のUFO研究家、スコット・ウェアリング氏は自身が運営するUFO情報サイト「UFO Sightings Daily」への最近の投稿で、この球体が“砲弾”であることを指摘している。かつて火星にはこの砲弾が何千発も撃ち込まれた“事件”があったというのだ。

「この金属球は完全な球体として形作られており、地球上のソフトボールの大きさとほぼ同じです。推測してみて下さい。すなわち大砲の砲弾と同じような大きさなのです」(スコット・ウェアリング氏)

 ウェアリング氏によれば、遠い昔に火星文明をほぼ絶滅させる大戦争があり、この砲弾が空から無数に撃ち込まれたということだ。この砲弾の周囲に散らばった岩石状の細かい断片があるが、これは砲撃によって木っ端みじんに破壊された何らかの装備か施設の残骸が風化したものであると考えられるという。

「この砲弾をはじめとする何百万もの砲撃が宇宙から火星の地表に炸裂し、文明を破壊し焼き尽くしてしまったのだと確信しています。攻撃を意図した“隕石のシャワー”の凄まじい威力で火星の大気が失われ、地表のほとんどの生命が絶滅したのです」(スコット・ウェアリング氏)

 そしてもちろん、ウェアリング氏はこの“砲弾”のみで“火星文明絶滅説”を唱えているわけではない。かつて火星にあった建物の残骸や人工的な物体、兵士や王の遺骸や四肢など、火星文明が存在したことのエビデンスがいくつも見つかっているのである。

「火星で大戦争があったことを100%示す物証です」とこれが“砲弾”であることに太鼓判を押すウェアリング氏。その主張をさらに裏付ける今後の発見にも期待は膨らむ。
(文=仲田しんじ)


Another Metallic Sphere / Ball Object Found On Mars 動画は「WhatsUpInTheSky37」より


参考:「Express」、「UFO Sightings Daily」、ほか

コメント

6:匿名 2017年12月19日 18:29 | 返信

まん丸の砲弾w
火星人の知能はかなり低能だな

5:匿名 2017年12月18日 22:45 | 返信

火星の画像はすべて、カナダのデヴォン島で撮影されたんでしょ。
そう断言したのはTOCANAだよ。
よってこの画像の球体は、正真正銘のブルーベリー。

4:匿名 2017年12月18日 22:11 | 返信

以前に、全く同じ画像で「火星人の子供が遊んだビー玉だ」という記事を書いていたな、誰かさんがTOCANAとかいうサイトでw

3:匿名 2017年12月17日 23:49 | 返信

画像を拡大して見たが、見える範囲の状況では真球ではなく歪んでいるのが確認できる。
人工物では無く自然物だと思えるが、なぜこれがそこに在るのかは全く想像が付かない。
太古において火星表面にも水があり大河もあった様だが、その時に生成された磨かれた石だとしてもなぜ他に同様な石が付近に見当たらないのか?
素人推理で述べれば、何処か他の場所で太古の大河で磨かれた石が隕石などの衝突の衝撃で飛ばされて此処に落ちて埋もれていたが、風(火星にも薄い大気はある)によって表層がさらわれて顕になったトカナ?

2:匿名 2017年12月17日 16:07 | 返信

水もないのに球体? 風かね?
でも、1個だけだしな…

だいたい今の技術で
月とか火星に着陸できるわけがない

1:匿名 2017年12月17日 12:43 | 返信

宇宙から地表に撃ち込んだなら、弾が球形を維持できないだろ?w

拳銃弾だって、物に当たればマッシュルーム状に潰れるんだぜw

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。