暴露された「米国防総省25億円UFO調査」の具体的な内容とメンバーがヤバすぎる! ベガスのビルでUFO保管、軍人と宇宙人の遭遇…!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

■米海軍が撮影したUFO映像も公開

 これだけでも衝撃のニュースだが、国防総省はとんでもない動画も公開しているのだ。それは、「To The Stars Academy」の講師の1人である元情報担当国防次官補代理のクリス・メロン氏がかつて暴露した、「2004年に米カリフォルニア州サンディエゴ付近で航空母艦ニミッツの艦上に出現したUFO」の映像である。

ufobudget_04.jpg画像は「YouTube」より引用

 この映像はミニッツからスクランブル発進した海軍のFA18F戦闘機2機が撮影した映像と見られており、複数のUFOが出現していたと伝えられている。かつてトカナでも報じた「英警察ヘリが撮影したUFO」や「チリ海軍のヘリが撮影したUFO」とも著しい類似を見せているといえるだろう。このニュースについてはトカナで追って詳しく掲載する予定だ。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。