うつ病患者の頭蓋骨に穴を開けて悲しみや痛みをとる治療法「DBS」が登場!「電極」を埋め、3年で電池交換!

関連キーワード:

,

,

 うつ病は日本でも100人に3~7人が経験しているといわれる精神疾患だ。うつ病患者の多くは適切な治療により回復するといわれるが、どの治療法でも効き目がない患者も存在する。カナダの新聞社のオンラインメディア「National Post」(12月21日付)によると、最近では重度のうつ病患者に対する外科的治療も試みられている。脳に電極を埋め込み、不具合を起こしている場所を刺激するというのだ。

■治療抵抗性のうつ病

 うつ病とは憂鬱さや気分の落ち込みがある程度以上強く、長く続く状態を指す。うつ病は日本はもちろん、世界的にも多くの患者のいる精神疾患であり、日常生活に支障をきたし、苦しんでいる人々は多い。最近では研究が進み、薬物療法などの治療で改善する患者も多いのだが、およそ3分の1の患者はどの治療でも改善しないといわれる。そんな難治性うつ病の治療として、脳深部刺激療法が注目されている。


■脳深部刺激療法とは

 脳深部刺激療法(Deep Brain Stimulation; DBS)とは、頭蓋骨に小さな穴を開けて、脳内の機能不全を起こしている場所に刺激電極を埋め込む外科的治療法だ。脳内の電極のワイヤーは患者の胸部に埋め込んだ刺激発生装置とつなぎ、適切な電気刺激を与えて症状の改善を試みる。この方法は、日本でもパーキンソン病の治療などに用いられている。

動画は「YouTube」より引用

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ