岡田准一と宮﨑あおいの結婚に高岡蒼佑は激怒? 絶対タブー“略奪婚”の事実とツイッター攻撃の過去

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

 ジャニーズ事務所のアイドルグループ、V6・岡田准一と女優の宮﨑あおいが結婚したことを2017年のクリスマスイブに発表した。V6の森田剛や三宅健、さらに元SMAPの木村拓哉までお祝いのコメントを出すなど、ジャニーズ総出で祝福ムードを作り上げているが、絶対にタブーとなっていうのが宮﨑の前夫・高岡蒼佑からの略奪婚であるということだ。テレビやスポーツ紙は「2015年春から交際」というジャニーズの大本営発表を報じるように強いられている。

 郵便局の配達ミスで、24日に届くはずだったファンクラブ会員への結婚報告が一足早く22日に一部会員のもとに到着してしまい、発表前にバレてしまうというアクシデントはあったが、かえってファンにとっては良かったかもしれない。「ワイドショーなどはおめでたいムード一色で報道していますが、岡田ファンは大荒れ。『わざわざクリスマスイブの日に報告しなくても』と悲鳴が上がっていますよ」(芸能関係者)

 ジャニーズのアイドルが結婚となったら一定数のファンが怒り悲しむことは仕方がないのだが、ファン以上に怒っているかもしれないのが高岡だ。まだ宮﨑と結婚していた2011年、岡田と宮﨑は映画「陰日向に咲く」「天地明察」の共演で親密になり、不倫関係になった。これに気づいた高岡が岡田を呼び出し、土下座させたとの報道もあった。結果的に同年末に高岡と宮﨑は離婚している。

 だが現在、報道されているのは2015年春に交際開始というものばかりだ。これだと不倫関係にはなかったということになるが…。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。