米国最高のサイキック双子美女・ジャミソン姉妹「2018年の予言」が絶望的! 北朝鮮、災害、テロ… 「混沌の時代の幕開け」

 米国の「サイキックツイン」といえば、これまで9.11、ボストンマラソン爆弾テロ、パリ同時多発テロなど数々の予言を次々と的中させてきた美人超能力者姉妹、リンダ&テリー・ジャミソンにほかならない。その2人が、2018年の世界情勢について予言の一部を発表した。いったい来年はどのような出来事が私たちを待ち受けているのか? 戦慄の最新未来予言を紹介しよう。

 リンダ&テリー・ジャミソン姉妹は、1965年1月12日生まれの一卵性双生児で、カリフォルニア州ロサンゼルスを拠点に活動している。ペンシルバニア州で生まれた2人は、かつては画家・パフォーマンスアーティストとして活動していたが、その後ロサンゼルスに移り、サイキックとして本格的に活躍するようになった。もともとサイキックによる個人リーディング(鑑定)のニーズが高く、世界や国内の予言なども頻繁にメディアで取り上げられる米国。しかし、そのような超能力者・霊能者はピンキリで、40年以上にわたり超能力分野を研究してきた筆者に言わせると、インチキだろうという人物も少なくない。ただし、この双子姉妹については、過去に的中した予言の項目や質も含めて、明らかに「何かを持っている」と認めざるを得ないのだ。


■歴史に残る大事件・大災害ばかり当てまくり!

 では、ジャミソン姉妹による顕著な的中例を以下にいくつか紹介しておこう。まずは、サイキックツインの名を世に轟かせることとなった9.11の予言から。

【9.11の予言】
 過去の記事で紹介したように、1999年11月2日に「Art Bell Radio Show Coast to Coast AM」というラジオ番組に出演した姉妹が「私たちに見えているのは、テロリストによる連邦ビルへの攻撃。特にサウスカロライナ州かジョージア州で2002年7月までに。そして、ニューヨークの世界貿易センタービルで2002年に、テロリストによる攻撃か」と発言したのだ。厳密には、米国防総省はバージニア州に位置するため「サウスカロライナ州かジョージア州」への攻撃が的中したとは言えないが、東海岸という観点では当たっているうえ、「2002年7月までに」という発生時期、そして何よりWTCビルへの攻撃はそのものズバリだ。

【アメリカの大寒波】
 さらに、こちらも過去の記事で詳しく解説しているが、2013年1月の予言でジャミソン姉妹は「アメリカ東海岸は2013、2014年に大寒波と大熱波に見舞われることになるだろう」と予言していた。すると、2013年12月~2014年1月に米国は記録的大寒波に襲われ、まさに言葉通りの事態になった。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ