米国最高のサイキック双子美女・ジャミソン姉妹「2018年の予言」が絶望的! 北朝鮮、災害、テロ… 「混沌の時代の幕開け」

米国最高のサイキック双子美女・ジャミソン姉妹「2018年の予言」が絶望的! 北朝鮮、災害、テロ… 「混沌の時代の幕開け」の画像4イメージ画像:「Thinkstock」より

【2018年のテロ】
 2018年にはテロ攻撃が激化し、ISとアルカイダの攻撃がヨーロッパや他の大陸でも広まる。イスラム共同体の支配権が失われ、管理領域が縮小されるにつれて、テロ攻撃は世界中で起こるだろう。ISの分散化が進む。テロ集団は、市場、ショッピングセンター、礼拝堂、学校、スポーツ会場、ホテル、コンサート会場、空港に焦点を当てている。輸送システムも同様。いくつかの主要都市で、空港と列車に対する攻撃が起きる。

【2018年の北朝鮮】
 米国と北朝鮮の緊張状態は、来年も非常に高いまま続く。金正日が、核兵器を使って無謀な方法でトランプを脅かし続けるだろう。米国の同盟国は、そのような炎症状態を落ち着かせるために、何らかの形で介入する可能性がある。しかしながら、トランプ氏の大統領任期中に、北朝鮮の核ミサイルが米国を襲う可能性は考えにくい。

【2018年の災害】
 2018年、沿岸部はさらに壊滅的なハリケーンや台風による打撃を受ける可能性がある。われわれは今年、深刻な嵐と狂った変動を見たが、今後も台風、ハリケーン、大規模な洪水など、極端な天候が米国を含め世界的に発生する。2018年は、特に活発なハリケーンのシーズンがある。

 こうしてみると、いずれの予言も日本に直接言及していない。しかし、世界各地で起きるというニュアンスが含まれるため、決して他人事の話ではない。北朝鮮危機については、「米国の同盟国による介入」という一文が気になるところだ。また、災害関係も「世界的に極端な気候変動がある」とされているため、十分な注意が必要だ。例年通りであれば、恐らく年明けから数日後、ジャミソン姉妹による2018年以降の予言が詳細にわたり公開されるものと思われるが、そこでは暗い話題ばかりでなく、少しは明るい話題も期待したいものだ。続報が入り次第、お伝えしよう。


百瀬直也(ももせ・なおや)
超常現象研究家、地震前兆研究家、ライター。25年のソフトウエア開発歴を生かしIT技術やデータ重視の調査研究が得意。Webサイト/ブログ:『探求三昧』『神秘三昧』『防災三昧』、Twitter:@noya_momose


参考:「The Psychic Twins 公式サイト」、「EXPRESS」、ほか

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ