ドローンが2017年に新たに見つけた5つの古代遺跡がスゴい! 伝説のエドム人の古代都市から“死者の家”まで!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

■地上からの発見が困難な遺跡

1712_iseki_07.jpg画像は、「RUYA FOUNDATION」より

 3月、全体が泥に覆われた遺跡テル・カイバーが発見された。その全体像は4,400平方メートルにおよぶ巨大なものだったが、地表から見える部分はわずかで、これまでの地上調査では誰にも気づかれることがなかったという。しかし今回、ドローンの航空調査によって遺跡の全貌とその周りを囲むように建設された監視塔の存在が明らかになった。また、調査によってこの遺跡は、王族によって統治されていた紀元前1730~1460年の青銅器時代に建設されたものと判明している。しかし、テル・カイバーにはこれまで発見された遺跡に見られる寺院や兵舎、宮殿のような特徴がなく、すべてが謎のままだという。

1712_iseki_08.jpg画像は、「CNN」より

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。