ドローンが2017年に新たに見つけた5つの古代遺跡がスゴい! 伝説のエドム人の古代都市から“死者の家”まで!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

■侵略によって破壊された遺跡

1712_iseki_09.jpg画像は、「The History of the Ancient Near East」より

 11月、イスラエル南部のネゲブ砂漠で、奇妙な構造の遺跡が発見された。軍事訓練で使われていた場所で発見された同遺跡は、約2,200年前のヘレニズム時代に建設されたもので、エドム人文明を象徴する雄牛の像も見つかっているという。専門家は「もしもエドム人が建てた遺跡であれば歴史的発見になる」と大興奮。エドム人とは、“ヤコブの兄・エサウの子孫”として聖書に登場する古代パレスチナに移住したセム系民族のこと。“エドムの子孫から権威ある者が出現する”という預言もあるようだ。

(文=山下史郎)

1712_iseki_10.jpg画像は、「SlideShare」より


参考:「LISTVERSE」、ほか

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。