GACKTの格付けはヤラセ? プライベートは凡人以下「投資詐欺被害・キャバ嬢トラブル・仮想通貨事業参入も…」

関連キーワード:

,

,

●ビットコイン市場にイマサラ参入

 さらに26日にはブログで話題のビットコイン市場に参入することを宣言。自身の本名を「大城ガクト」と明かした上で「仮想通貨というものをもはや受け入れるかどうかなどと議論をしているレベルではない。【仮想通貨】と【ブロックチェーン】の出現により世界は大きく変わり始めた。国境を超えて世界がものすごいスピードで変容している」と持論を展開。

 続けて「CDの売り上げで、思い通りにカネを突っ込んでいたボクGACKTのステージも今後いずれ出来なくなるという考えに辿り着く。そこからボクは、ありとあらゆる事業に自己資金を投下した。色んな金融商品にも事業にも投資した」と、これまでの歩みを振り返りながら仮想通貨事業「SPINDLE」に参画することを明かした。ドヤ顔で力説するも、本当に儲けている人から言わせれば参入は遅いくらい。もはや嫌な予感しかしない…。


●キャバクラでのやらかし

 女関係もだらしない。かつては釈由美子との密愛が報じられたが、今年2月にも「週刊文春」(文藝春秋)で「喜び組」ともいうべき愛人軍団の存在が報じられた。同誌によれば、ある女性との初デートでGACKTは車中でズボンを脱ぎ捨て「くわえるか?」と迫ったという。サラリーマンの「一杯やってくか?」と同じノリで、その言葉を言えるのはGACKT以外にいないだろう。

 一方で笑えない話もある。新宿歌舞伎町の黒服男性によると「GACKTはキャバクラ好きで有名ですが、一時期、あるキャバクラ店と女性をめぐってトラブルを起こし、店のバックにいる人物から脅されていたと聞きました」という。

「格付けチェック」で見せる“目利き”をプライベートでも発揮していれば、トラブルは回避できたはずだが…。来年もまた週刊誌に話題を振り撒いてくれそうだ。

文=編集部

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

GACKTの格付けはヤラセ? プライベートは凡人以下「投資詐欺被害・キャバ嬢トラブル・仮想通貨事業参入も…」のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで