“第2のイスラエル”建国がアルゼンチンのパタゴニアで現在進行中! ユダヤ人組織が土地を爆買い、ジョージ・ソロスも関与か?

第2のイスラエル建国がアルゼンチンのパタゴニアで現在進行中! ユダヤ人組織が土地を爆買い、ジョージ・ソロスも関与か?の画像1画像は「Thinkstock」より引用

 南米アルゼンチンといえば、アイヒマン裁判で有名なアドルフ・アイヒマンの逃亡先として知られ、ヒトラー含め他にも多くのユダヤの残党が余生を過ごしたといわれているが、ここに来て、同地にユダヤ人国家を建設する「パタゴニア計画」が水面下で進行しているとのニュースが舞い込んできた。


■ユダヤ人大富豪が目論む「パタゴニア計画」とは?

第2のイスラエル建国がアルゼンチンのパタゴニアで現在進行中! ユダヤ人組織が土地を爆買い、ジョージ・ソロスも関与か?の画像2パタゴニア周辺「Wikipedia」より引用

 レバノンのニュースメディア「Voltaire Network」(2017年12月12日付)によると、ひとりのユダヤ系イギリス人大富豪がアルゼンチンとチリに跨るパタゴニアの広大な敷地を買い占め、同地に多数のイスラエル軍兵士が訪れているという。

 大富豪の名はジョー・ルイス。ルイス氏の名を知る人はそれほど多くないかもしれないが、実は同じくユダヤ系の有名投資家であるジョージ・ソロスと組み、ポンドの為替レートを急落させたブラック・ウェンズデー(暗黒の水曜日)を引き起こしたことで知られている。

 そんなルイス氏が、時期は不明だが、アルゼンチン南部からチリとの国境にかけて、イスラエルの数倍の面積を持つ膨大な土地を購入していたというのだ。敷地内には2kmの滑走路を持つプライベート飛行場が建設されている上、数千~数万軒の家屋まで建設されているという。現在、同地はイスラエル軍の保養地となっており、毎年8千人~1万人ものイスラエル軍兵士がバカンスに訪れているそうだ。


■世界三大投資家も関与?

第2のイスラエル建国がアルゼンチンのパタゴニアで現在進行中! ユダヤ人組織が土地を爆買い、ジョージ・ソロスも関与か?の画像3ジョー・ルイス氏。175の企業を所有。英プレミアリーグ所属のトッテナム・ホットスパーFCのオーナーでもある。「Voltaire Network」より引用

 また一見関係なさそうな出来事が事態をより奇妙にしている。アルゼンチンの諜報機関が、チリ中南部からアルゼンチン南部に住むアメリカ州の先住民・マプチェ族の反政府組織である「RAM」がロンドンで秘かに活動を再開したことを突き止めた、というものだ。これだけでは何の関係も見えてこないが、興味深いのはここからだ。なんと、同組織に資金援助をしている人物こそ、ジョージ・ソロスだというのだ!

 まさか、イスラエルは独立を主張するマプチェ族を使いアルゼンチンを現政府から奪い取ろうと画策しているのだろうか……。いずれにしろ、これらのことから、ルイス氏らが、アルゼンチンを第二のイスラエルにしようと画策する「パタゴニア計画」を企図しているのではないかと疑う声があがっているというわけだ。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ