“白すぎる”安室奈美恵に、“顔面肥大”櫻井翔、欅坂メンバーは失神し…2017年紅白舞台裏を暴露!!

関連キーワード:

,

,

 安室奈美恵に注目が集まった昨年の「第68回NHK紅白歌合戦」。視聴率は歴代ワースト3位の39.4%だったが、ネットメディアも台頭するなかで、40%近い平均視聴率を叩き出すのは紅白以外にはない。その舞台裏も独特だったようで…。

白すぎる安室奈美恵に、顔面肥大櫻井翔、欅坂メンバーは失神し…2017年紅白舞台裏を暴露!!の画像1画像は、『namie amuro LIVE STYLE 2016-2017 [DVD]』(Dimension Point)


●安室奈美恵

 瞬間最高視聴率18.4%を記録したのはやはり安室だった。新たな門出をイメージしたかのような純白のドレスに身を包み、リオ五輪・パラリンピックのNHKテーマソング「Hero」を熱唱。歌い終えると、安堵した表情を浮かべ、胸に手を置いて一礼。その目は潤んでいた。現場記者によると「他の出場歌手も安室さんの歌唱シーンの間はじっとモニターのテレビに目を向けていました。安室ファンの平井堅さんに至っては体育座りで聴いていたとか。彼は新宿二丁目のカラオケバーで安室さんや松田聖子さん、浜崎あゆみさんをよく歌っていますからね」と話す。

 一方で、物議を醸したのは安室の「白さ」だ。白い柱が並び立つ巨大セットに純白ドレス、照明も強かったこともあり、小麦色の安室の肌は美容研究家の故鈴木その子氏と見紛わんばかりの白さに。…実はこれは事故ではなく、安室サイドの要望という。

安室さんも今年で41歳。目元にはそれ相応のしわがある。それをかき消すために、下から照明を当てるようになっていたそうです。劣化せず、カリスマのまま引退させたい安室サイドの想いが感じられました」(スポーツ紙記者)。

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ