ハメ撮り写真も流出! スポーツ紙がどこも報じない作家・立花胡桃の離婚舞台裏と、いわくつき夫の素性

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2
関連キーワード:

51wd1VE4pDL.jpg画像は、『ユダ(下)』祥伝社

 年末年始の芸能スクープのなかで異端を発していたのが作家・立花胡桃の離婚ニュースだ。昨年12月31日にブログを更新し、昨年中に離婚したことを報告。立花は「私事で恐縮ですが、2017年に離婚致しました。尚、6歳になる息子の親権は母親である私が持ちます」とつづり、「母親として未熟な私に父親の代わりまで務まるのかとても不安ですが、これからは息子と2人で手を取り合って頑張っていきたいと思います」とシングルマザーとして頑張る決意を表明した。

 続く元旦のブログでも「突然の報告に驚かれた方もいらっしゃるでしょう…すみません。離婚を告白するのにはとても勇気が必要だったのですが、皆さんの温かいコメントを読んで心から励まされました」と胸中を記している。

 立花はカリスマキャバ嬢として注目を集め、2010年に小説「ユダ~伝説のキャバ嬢『胡桃』掟破りの8年間」がベストセラーに。同年に結婚し、2011年に長男を出産した。

 だが、上記の離婚報道では不可解なほど夫のことには触れられていない。それは相手が大手芸能プロ役員のT氏だからだ。スポーツ紙記者の話。「T氏はコワモテで知られ、テレビ業界に大きな影響力を持ちます。朝刊スポーツ紙にはT氏担当がいて、俗に言う“忖度”が働く。離婚自体はニュースなので報じることにしたようですが、T氏については配慮した末に触れないことにしたようです」

人気連載
油田を発見して「経済崩壊」した国・モーリタニアのやばい謎を亜留間次郎が解説! 現在は中国政府が介入し…!?

油田を発見して「経済崩壊」した国・モーリタニアのやばい謎を亜留間次郎が解説! 現在は中国政府が介入し…!?

【薬理凶室の怪人で医師免許持ちの超天才・亜留間次郎の世界征服...

人気連載
選ばれしキャバ嬢による「プロ孫」の世界 ― 1年間の研修、3つの書類、致命的ミス… 本当にあった“罪深き世界”

選ばれしキャバ嬢による「プロ孫」の世界 ― 1年間の研修、3つの書類、致命的ミス… 本当にあった“罪深き世界”

ある元キャバ嬢から聞いた怖い話です。  キャバクラが何を売っ...

関連キーワード

コメント

2:匿名 2018年1月7日 14:31 | 返信

川田亜子さんや吉松育美さんとご関係があった旦那様ですね

1:匿名 2018年1月7日 13:49 | 返信

いくらトップクラスのキャバ嬢でも若さと美貌を失っていくと徐々に魔法も溶けて離婚しちゃうパターンが多いなあw

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。