小さな足の初期人類「リトルフット」とは!? 人類最古の完全な骨格が再現され、衝撃の新事実が続々判明!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

LittleFoot_1.jpgDaily Mail」の記事より

■人類の祖先がより広い地域に生存していた可能性も

 なお両者は共に女性であるが、ルーシーはアウストラロピテクス・アファレンシス(アファール猿人)であり、リトルフットはアウストラロピテクス・プロメテウスと、種は異なっており似て非なるもの。どちらもサルと人間を混合したような特徴を持つが、それぞれ異なる外見や機能を備えている。

 リトルフットの方が身長がはるかに高くゴリラに似た風貌で、木登りに適した非常に強い握力を持っていたようだ。リトルフットが生存していたのは、ルーシーよりもさらに50万年前との説もあり、専門家らはこれまで東アフリカ中心に生存していたと考えられていた我々の祖先が今回の研究調査によりさらに広い地域でも生存していた可能性が強まったとみているという。

littlefoot2.JPGDaily Mail」の記事より

 ルーシーと同様に我々人類のルーツやその進化を探る大きな鍵となるだろうリトルフット。今後のさらなる調査結果が楽しみである。
(文=Maria Rosa.S)


参考:「Daily Mail」、ほか

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。