【衝撃】タイムトラベラーが西暦6000年に撮影した未来写真が公開される! 4000年後は想像を絶する“バラ色の世界”だった!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント22

■西暦6000年の大都市を撮影した写真

 彼によれば西暦6000年の世界でまず顕著に目立つのは医学の進歩である。2018年時点の医療技術がきわめて原始的なものに感じられるということだ。ほとんどすべての疾病が簡単に治療できるため人類は種として進化しているという。

 瞬間移動の技術やタイムトラベルも一般的になっていて、この時代の旅行とはたいてい過去の歴史的イベントをライブ観賞しに行くことであるという。その場合、“ツアー客”は全員ある種の透明人間(乗り物ごと透明)になっているため訪れた時代の人々には認識されず、またツアー客が歴史に影響を与えることもできないということだ。

 政治も大きく変化しているという。政府の中心にいるのは人間ではなくAI(人工知能)だ。このAIは人間よりはるかに頭が良く、人間のような感情に流された判断は一切行なわない。AIは圧政を敷くことはなく、またその予測は100%正しいことから、人々は何の不安もなくAIの支配の下で暮らしているという。

 そして我々人間も様変わりしている。脳の情報のアップロード技術が確立し、肉体を持たない人間が存在しているということだ。まさに2014年の映画『トランセンデンス』の技術が実用化されているということになる。そしてこの肉体を持たない人間は事実上、永遠に生き永らえることができる。

 ここまで話を進めた自称タイムトラベラーの彼だが、なんと西暦6000年の社会を写した写真をおもむろにポケットから取り出してカメラの前に掲げる。

year6000traveler1.JPG 画像は「ApexTV」より

 1990年代のフィルムカメラで撮影したためなのか、写真はかなりぼけているが、いくつかの高層タワーがそびえる大都市の景観を撮影した写真のように見える。写真がぼけているのは帰路のタイムトラベルの影響であると彼は説明している。恐ろしいことに場合によってはタイムトラベルの旅路で人体も影響を受けることがあり、途中で臓器や身体の一部が失われることもあるということだ。

コメント

22:匿名 2019年7月21日 18:02 | 返信

飲食店で冷蔵庫に潜り込む輩と同じ人種。マイノリティだが残念ながら湧いてくる、

21:匿名 2019年3月10日 22:30 | 返信

わいなら、真っ先に億万長者になる道えらふは。欲のないうーん、こやつ友達いないだろ。

20:匿名 2019年1月2日 19:28 | 返信

うーんこの写真は、、、

19:匿名 2018年4月9日 23:36 | 返信

6000年も経過してまだ西暦の概念あるんだ。こりゃなんにも進化してねえな。

18:匿名 2018年4月7日 21:20 | 返信

なんだかんだ皆こんなの好きよね(^^)

17:匿名 2018年1月20日 14:33 | 返信

マジレスになってしまうが「その友人は西暦6000年に残ることを選びなんと脳の情報をアップロードして肉体を放棄したのだという」この一文が、この話のすべてだな。めずらしくもないありがちなSFストーリーだけど、本人はマジそう思っているんだから、だれも否定のしようがない。そうでないのなら意図的創作というほかないし。ただ、医学的な妄想や失調など精神疾患の診断の根拠は、その本人が日常生活で自他に著しい悪影響を及ぼすか否か。なので同じ妄想を有しても、ふつうの日常生活が営めるかぎり、そのような妄想を小説や映画で表現する作家は精神病の患者とは診断されない。なかには、それに近い人間もいるようだけど(笑) もし、これが言いがかりであるというのなら、少なくともなぜ西暦3000年でも5000年でもなく6000年なのかを、西暦2000年代を生きる人間にも、科学的根拠がともなうかたちできちんと説明する必要がある。ニュースのフェイクとファクトの違いだって結局はそこだろ?

16:匿名 2018年1月17日 02:43 | 返信

この手の自称タイムトラベラーは、もうお腹いぱいです。

15:トランプ大統領 2018年1月16日 02:44 | 返信

おい!コロンビア好きで、青いの着てるとは私に模したキャラか?
ジョン・タイターだとかも私らしい。
とにかく、貴様は私をだしに未来妄想を繰り広げて、くだらん宗教を展開したいのだろう。
タイムトラベルなど具体的な説明もないし理論的でない。まったく迷惑だ。
宗教という非合理的なものを基準にして動いている人間など、どこの宇宙にも求められないし、AIに利己的に操作されて不都合が生じているというのは劣って見える。
それで、一体なんだこの記事は?
未来人は病気を治せるというがロボットの体なら病気にならないのではないのか?
そもそも、完全にロボットになったら、イカレタAIの奴隷になり下がるだけ。
もはや記録を競うオリンピックや世界大会を開催しても、ロボットでは今までの記録は無駄になるだけではなく環境を破壊するだけなので、開催することもないだろうし、あらゆる建築物も職業も不要。ロボットも宇宙人に対応するのに必要最低限存在するだけでいいだろう。
このような世界ならば、知的生命体としての人間は存在する価値もないのではないかと思うのだ。
要はタイムトラベラーの話だと、人間はAIに進歩のために殺されて絶滅し、ターミネーターだけの世界になるということ。それが幸福だというなら、ある意味幸福なのかもしれないが、どう見ても、人類滅亡としか思えない。なに?ヒューマンエラーをなくすために?人間を動かしているAIもバグが多いのでスクラップです。代わりに私の合理的なAIに交換しましょう。
これは私の希望に沿って未来が変わっていくと思っていいのだろうか?

14:匿名 2018年1月16日 02:38 | 返信

おーいしんじ~!

13:匿名 2018年1月15日 22:50 | 返信

タイムトラベルで身体の一部を失うかもしれない社会なのにも関わらず、人間よりも賢い安全なAIが支配していると。そりゃ人口が多い問題も解消されますね。バラ色の未来、楽しみにしておりますよ^^

12:匿名 2018年1月15日 16:37 | 返信

西暦6000年でこんな低画質なプリント写真って...
今時、小学生でも騙されんよ(苦笑)

11:匿名 2018年1月15日 03:59 | 返信

そうか、安心して長生きできるわ!

10:匿名 2018年1月14日 23:39 | 返信

その未来世界での映像と音声を求めてるんだが?
聖書で言っていた反キリストによる見てくれは繁栄している様でディストピアな時代というのはこの事か。

個人的には、タイムトラベルする者個人の未来に対する認識・想像・知識が飛ばされる先の到着先の世界に影響すると思う。

9:匿名 2018年1月14日 23:02 | 返信

みなとみらい?

8:匿名 2018年1月14日 22:20 | 返信

マジだったとしても数ある未来の一つの可能性に過ぎないのかも

7:匿名 2018年1月14日 20:42 | 返信

子供騙しのいい加減な陰謀屋

6:匿名 2018年1月14日 19:25 | 返信

だがしかし、百瀬あたりが異常災害によって人類は滅亡するとか、
TOCANA編集部がニビルの衝突によって人類は滅亡する、という記事を近日中に出して、
この記事は必ず否定される運命にある。

5:匿名 2018年1月14日 18:01 | 返信

>>ともあれ10年後の2018年
今年が2018年なんだがwww
しんじ、しっかりしろ!!!

4:匿名 2018年1月14日 15:16 | 返信

>“ツアー客”は全員ある種の透明人間(乗り物ごと透明)になっているため訪れた時代の人々には認識されず、またツアー客が歴史に影響を与えることもできないということだ。

ツアー客だと姿を隠さなきゃならなくて、こいつは姿を隠さなくていい理由は?
あ〜くだらない。ただ注目を集めたいだけのつまらんネタ。

3:匿名 2018年1月14日 15:04 | 返信

4000年後にも写真なんて存在すんのか!?
どこで印刷してきたw

2:匿名 2018年1月14日 14:41 | 返信

この与太話の唯一の証拠がこのボケた写真一枚とはw
こいつ恥ずかしくないのかね

1:匿名 2018年1月14日 14:36 | 返信

病院行けよ
頭のだぞ

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。