「UFOを操縦してタイムトラベルした」エリア51の元海兵隊員が実名告発! 反物質リアクター、墜落事故、黒スーツの男… 核心に迫る重要証言がついに登場か!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3

 理由はどうあれ残りの人生が決して長くないことを自覚した時、人は何を思うだろうか……? 疑惑の米空軍基地、いわゆる「エリア51」に勤務していた元海兵隊員は、若かりし頃に体験した“UFO”への搭乗体験を暴露している。なんと彼は、UFOに乗り込みタイムトラベルを体験したというのだ。

UFOpilot_2.jpg
イメージ画像:「Thinkstock」より

■海兵隊トップパイロットの人生を狂わせた一通の指令書

 元アメリカ海兵隊のパイロットであったロバート・ミラー氏が、超常現象系YouTubeチャンネル「ApexTV」の動画で、かつて軍隊で体験した“UFOへの搭乗”と“タイムトラベル体験”を語っている。軍との間に交わした守秘義務を破っても広く世に伝えねばならないと考え、カメラの前で口を開いたという。

 話の始まりはミラー氏の幼少時代、米ネバダ州南部の小さな町で過ごしていた時代にまで遡る。毎朝早く出かけては夜遅くに帰ってくる航空エンジニアの父親がいったいどんな仕事をしているのか、自分にはまったく想像もつかなかったというミラー氏。彼は母親から、父に対して仕事に関する質問をしないようにと言い聞かされていたという。

 それでも父親は、その職業上のアドバンテージを利用して、まだ幼い息子のミラー氏に航空機の操縦法を教えたという。そのためミラー氏は、なんと15歳でパイロット免許を取得することができたのである。

 そして18歳になったミラー氏は、海兵隊に入隊する。既にパイロット免許を取得していたミラー氏はエリート扱いされ、すぐに軍のパイロットになり、数年でトップパイロットに肩を並べたということだ。

area51worker1.JPG
ロバート・ミラー氏 画像は「ApexTV」より

 28歳になると、軍人を辞めて地元に戻り、結婚して家庭を持つことを考えていたというミラー氏。しかし、軍の上層部から届けられた一通の指令書が、彼の人生設計を狂わせることになった。この時点の具体的な日時は語られていないが、話の内容やミラー氏の年恰好から見て1960年前後の話だと思われる。

コメント

3:匿名2018年1月18日 08:17 | 返信

*1研究施設なんだろ?

2:匿名2018年1月17日 08:01 | 返信

おい、トランプ氏、来てる?
元アメリカ○○○って連中の守秘義務違反、顕著すぎるぞ。
何とかしろ。

1:匿名Vegas Guns World2018年1月16日 14:30 | 返信

ネバダのエリア51は、研究期間が長過ぎ、本当に、そろそろ完成する頃です。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。