【閲覧注意】顔がどんどん“溶けていく”老婆 ― 「神経線維腫症」の恐怖と、それでも手術を拒否する深刻な理由とは!?=タイ

※2頁目に衝撃的な画像を掲載しています。苦手な方は文章のみご覧ください。

【閲覧注意】顔がどんどん溶けていく老婆 ― 「神経線維腫症」の恐怖と、それでも手術を拒否する深刻な理由とは!?=タイの画像1画像は、「The Daily Mirror」より

 タイの首都バンコクの繁華街で、ウィアン・ブンミさん(63)はアクセサリーを販売して生計を立てている。この老婆の顔には、大きな腫瘍が垂れ下がっており、まるで顔が溶けているかのようだ。腫瘍はウィアンさんの目を覆い、鼻や口さえ捻じ曲げてしまった。ウィアンさんの顔に異変が現れたのは、まだ子ども時代のこと。数十年後には腫瘍が肥大化して、現在のような容貌になってしまったという。

 ウィアンさんの症状は、神経線維腫症(neurofibromatosis)によるものと考えられる。この病気は、第17番染色体にある遺伝子の異常によって、たんぱく質「ニューロフィブロミン」が欠如することで発症するといわれる。ニューロフィブロミンには細胞の増殖を抑制する働きがあるため、これが作用しなくなると、細胞が無制限に増殖して腫瘍になってしまうのだ。神経線維腫症は遺伝子疾患であるため、今のところ治療法は存在せず、腫瘍を手術で切除することしかできない。それにしても、なぜウィアンさんは腫瘍をここまで放置したのだろうか?

「私は、長い間この症状とともにありました。それはもう、覚えていられないくらい長い間ですよ。でも、私は生きていますし、健康に仕事も続けられています。もし手術を受けたら、二度と目が覚めないかもしれません。死ぬかもしれないことが怖いんですよ。娘が私をこの街に連れて来てくれました。おかげで、花や樟脳(しょうのう)油を得ることができるようになりました。私は幸せです。今週は寄付してくれた人もいて、ありがたいことですね」(ウィアンさん)

 数週間前、ウィアンさんと出会ったとある女性が、ウィアンさんが苦しんでいると思い、医療機関に連絡した。その後、ランシット大学の学長であるスヌラ・ウライラット教授がウィアンさんのもとを訪れて手術を提案した。しかし、ウィアンさんは自分を助けようとしている人たちに感謝を表明しつつ、死を恐れて手術を拒否しているのだ。スヌラ教授は、「私たちは、彼女のためにできることを探り続けるつもりです」と語っている。

 ウィアンさんのように、手術が必要であるにもかかわらず、死の恐怖から手術に踏み切れない人たちも少なくない。彼らをサポートするには、何をどうすべきなのか? ウィアンさんの事例は、現代医療への問題提起である。

※次頁に衝撃的な画像を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。

人気連載

【未解決】2人の女子高生が狭いエリアで惨殺された「舞鶴事件」の謎! 真犯人は“呼び出した人物”か?

【未解決】2人の女子高生が狭いエリアで惨殺された「舞鶴事件」の謎! 真犯人は“呼び出した人物”か?

※ 前編はコチラ!  狭いエリアで10年間に2度も起きている現役女子高生の殺...

2022.01.23 18:00日本
【未解決】相次いだ女子高生惨殺は本当に偶然だったのか? 2つの「舞鶴事件」の謎と真犯人に迫る

【未解決】相次いだ女子高生惨殺は本当に偶然だったのか? 2つの「舞鶴事件」の謎と真犯人に迫る

 自分が雨男雨女だと思っている人などは、ことあるごとに天気運がないと感じるこ...

2022.01.22 18:00日本
なんてシュールな内容だ!『ゴジラ』の20年前の特撮映画がヤバすぎる!

なんてシュールな内容だ!『ゴジラ』の20年前の特撮映画がヤバすぎる!

――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男が、ツッコミどころ満載の封印映画をメッタ斬り...

2022.01.11 10:00ART
「世の中にこんな映画があったのか!」過激すぎるポルノ時代劇! 女郎の仕込み、膣呼吸、全裸処刑…『忘八武士道 さ無頼』

「世の中にこんな映画があったのか!」過激すぎるポルノ時代劇! 女郎の仕込み、膣呼吸、全裸処刑…『忘八武士道 さ無頼』

――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・レトリバーが、ツッコミどころ満載の封印映画...

2022.01.04 16:00ART
【動画アリ】「死ぬほどビビりました」専門家が驚嘆した波動商品3つ! 自然治癒能力爆上げ、細胞レベルで生体エネルギー調整…

【動画アリ】「死ぬほどビビりました」専門家が驚嘆した波動商品3つ! 自然治癒能力爆上げ、細胞レベルで生体エネルギー調整…

不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世の不思議を探求し続け...

2022.01.20 12:00異次元

【閲覧注意】顔がどんどん“溶けていく”老婆 ― 「神経線維腫症」の恐怖と、それでも手術を拒否する深刻な理由とは!?=タイのページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル