2月3日に超高層ビル級の小惑星「2002 AJ129」が地球とニアミス、ガチ衝突も!? 完全なる氷河期突入、世界は10年間“真っ暗闇”に

関連キーワード:

,

,

,

 来月初め、地球めがけて小惑星がやってくる。超高層ビル並みの大きさを持つこの小惑星はNASAによって“潜在的危険”と分類されているという。今月17日付の英「Daily Mail」が報じている。

2月3日に超高層ビル級の小惑星「2002 AJ129」が地球とニアミス、ガチ衝突も!? 完全なる氷河期突入、世界は10年間真っ暗闇にの画像1画像は「Thinkstock」より引用

■小惑星衝突、最悪のシナリオ

 2月3日に地球に最接近する小惑星「2002 AJ129」は、今年最も地球の近くを通る小惑星である。この惑星はNASAによって“潜在的に危険な小惑星”(地球に衝突する可能性が大きく、なおかつ衝突時に地球へ与える影響が多い小惑星)と分類され、その大きさは幅1km、横0.8kmと世界最大の高層ビルであるブルジュ・ハリファ並みで、時速はおよそ10万km/h以上であるとされる。最接近時には地球から約420万kmまで近づくのだが、NASAでは地球から約740万km以内を通る小惑星を“危険”と分類している。

 幸いにもNASAは2002 AJ129が地球に衝突するとは考えていないようだが、もし仮に、2002 AJ129が地球に衝突した場合、その被害はどのくらいのものになるのだろうか。

 アメリカ大気研究センターCharles Bardeen氏の2016年の研究によると、1kmほどの小惑星が地球にぶつかると、世界中の平均気温が8度も下がり、氷河期を招くという。そして、“非常に深刻な地球規模の影響”が数年間続き、世界は暗く、寒くて乾燥した場所になるそうだ。最悪のシナリオでは塵は10年以上大気中を漂い続け、落ち着くまでに6年もかかるという。

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ