小室哲哉の“潔すぎる”引退表明の違和感! 安室奈美恵と合流狙い&“復帰計画”の噂も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
関連キーワード:

KEIKO

,

小室哲哉

,

引退

IMG_9487.JPG
撮影/名鹿祥史

「あまりに潔すぎる…」。そうこぼすのは音楽関係者だ。看護師女性との不倫疑惑が報じられた音楽プロデューサーの小室哲哉が19日、都内で記者会見を行い、引退を表明した。

 小室は「僕なりの騒動のけじめとして引退を決意しました」とコメント。妻のKEIKOは2011年10月にくも膜下出血で倒れ現在もリハビリ中。現在の病状について「女性というよりは女の子になった」「音楽にも興味がなくなってしまった」「大人の女性に対してのコミュニケーションが日に日にできなくなっている」と明かした上で「ちょっと疲れ果ててしまった。音楽に向かわなきゃいけない時間が増え、ずっとKEIKOのサポートすることは不可能になり、スタッフ、ご家族の方々たちの支援がないと不可能になってきた」と述べた。

 とはいえ、不倫の責任を取って、即引退を決めるというのも潔すぎる。音楽関係者によると「ここ数年、小室さんは“引き際”を模索していた。今回の報道がきっかけになった部分はある」という。

 タイミング的に今年9月の引退をすでに表明している安室奈美恵との“接点”も気になる。言うまでもなく、小室は安室の“生みの親”であり、安室は小室の最高傑作。週刊誌記者は「安室さんの新アルバムには小室さんの楽曲も含まれており、このところ2人のやりとりは活発化しています。引退する安室さんですが、業界では『数年後にどうせ復帰する』という声がほとんど。ひとまずダブル引退しておいて、その後、新たなビジネスのために合流するかもしれません」と話す。

関連キーワード

コメント

1:トランプ大統領2018年1月24日 01:24 | 返信

すみませんね。小室さんの引退は私のせいです。
強制引退的な感じです。
私が言うことを聞かないものだから、チョンの野郎が不倫だとか言って勝手に起こしているんです。
不倫よりも引退の方が重要なので謝罪会見なのに奥さんを盾にして逃げたような感じで後味悪いですが、あの会見は明らかに不自然だと感じた方もおられるでしょう。
実は私が関係しているとは!奴は私が邪魔なので追い出したくてたまらない。
だがそうはいかない。私の要求が通らない限りは理不尽と戦います。
そして麻薬カルテルを操る悪の宇宙人を倒すまで終わらない。
そのためには密林でプレデターを倒すことや人類を削減するための世界大戦もやむなし。
それが、りゅうおうのおしごとなのです。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。