小室哲哉の“潔すぎる”引退表明の違和感! 安室奈美恵と合流狙い&“復帰計画”の噂も

関連キーワード:

,

,

小室哲哉の潔すぎる引退表明の違和感! 安室奈美恵と合流狙い&復帰計画の噂もの画像1撮影/名鹿祥史

「あまりに潔すぎる…」。そうこぼすのは音楽関係者だ。看護師女性との不倫疑惑が報じられた音楽プロデューサーの小室哲哉が19日、都内で記者会見を行い、引退を表明した。

 小室は「僕なりの騒動のけじめとして引退を決意しました」とコメント。妻のKEIKOは2011年10月にくも膜下出血で倒れ現在もリハビリ中。現在の病状について「女性というよりは女の子になった」「音楽にも興味がなくなってしまった」「大人の女性に対してのコミュニケーションが日に日にできなくなっている」と明かした上で「ちょっと疲れ果ててしまった。音楽に向かわなきゃいけない時間が増え、ずっとKEIKOのサポートすることは不可能になり、スタッフ、ご家族の方々たちの支援がないと不可能になってきた」と述べた。

 とはいえ、不倫の責任を取って、即引退を決めるというのも潔すぎる。音楽関係者によると「ここ数年、小室さんは“引き際”を模索していた。今回の報道がきっかけになった部分はある」という。

 タイミング的に今年9月の引退をすでに表明している安室奈美恵との“接点”も気になる。言うまでもなく、小室は安室の“生みの親”であり、安室は小室の最高傑作。週刊誌記者は「安室さんの新アルバムには小室さんの楽曲も含まれており、このところ2人のやりとりは活発化しています。引退する安室さんですが、業界では『数年後にどうせ復帰する』という声がほとんど。ひとまずダブル引退しておいて、その後、新たなビジネスのために合流するかもしれません」と話す。

 安室をめぐっては、まだ引退してもいないのに、昨年末ごろから「復帰計画」の情報が駆け巡っている。スポーツ紙記者の話。「ある大手プロダクションが後ろ盾となる形で、3年後をメドに個人事務所を立ち上げるんだとか。その際のキーマンの名前も具体的に上がっている。あくまでウワサの域は出ないが、そこには女優業も行うあの人気アーティストも合流すると囁かれている」という。

 ケジメの引退を決断した小室だが、実は次の一手のための壮大なプロローグなのかもしれない――。

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ