【緊急】草津白根山噴火は富士山噴火の前兆、 Xデーは3月12日!? 地震研究家・予言者も確信、相撲界とも関連!

【緊急】草津白根山噴火は富士山噴火の前兆、 Xデーは3月12日!?  地震研究家・予言者も確信、相撲界とも関連!の画像1画像は「ANNnewsCH(YouTube)」より引用

 23日午前、群馬県北西部にある草津白根山で噴火が発生した。報道によると、群馬県・草津国際スキー場で訓練中だった自衛隊員1人の死亡が確認されたほか、スキー客と自衛隊員ら10人が重軽傷を負った(後に11人と判明)。自衛隊員らは噴火に伴う雪崩に巻き込まれた模様(後に噴石による被害と判明)。


■予言者・地震研究家が警告する草津白根山噴火に続く大災害とは?

 これまで草津白根山では、2009年に小規模な火山灰の噴出、2014年に火山性地震の増加し、「噴火警戒レベル2(火口周辺規制)」に指定された経緯があるが、2017年には火山活動の低下がみられ、火口湖である湯釜の500メートル圏内を除き、規制が解除されていた(今回噴火した草津白根山に属する本白根山の噴火は3000年ぶり)。まさに青天の霹靂ともいえる今回の噴火だが、トカナで人気連載中の地震研究家・百瀬直也氏の調査をはじめ、予言者・地震研究家らによると、草津白根山の噴火は、より大きな災害への序章に過ぎないというのだ。

【緊急】草津白根山噴火は富士山噴火の前兆、 Xデーは3月12日!?  地震研究家・予言者も確信、相撲界とも関連!の画像2画像は「朝日新聞社(YouTube)」より引用

●予言者・松原照子氏

 2011年、東日本大震災の発生を予言(世見)し、的中させたことで一躍注目を浴びた松原照子氏は、4年前にも御嶽山の噴火を受け、地震と噴火の深い関係を指摘している。松原氏によると、山をひとつとして数えることは誤りであり、たとえば1991年に起こった御嶽山の噴火と雲仙普賢岳の噴火には繋がりがあるというのだ。

 そして当時、松原氏が最も関心を抱いていたのは草津温泉と今回噴火した草津白根山の関係であり、そのことはブログ「あほうどりのひとりごと 幸福への近道」(2015年06月21日)に記されている。なんと、草津温泉の異常は草津白根山・浅間山・富士山噴火のサインだというのだ! つまり、草津白根山の噴火は、近いうちに富士山が噴火するかもしれない1つの兆候ということだ。松原氏によると、富士山噴火のサインは西湖・精進湖・本栖湖に出るという。今後も警戒しておいた方がいいだろう。

 また、同ブログには「312」という数字が気になるという記述もある。果たしてこれは今年の3月12日を指しているのだろうか。松原氏といえば、2020年の東京オリンピックが開催されないと予見していることでも知られるだけに気になるところだ。

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ