奇習! “移動売春婦”たちは、季節の変わり目に必ずやって来た ― 四国の寒村で農民がハマったセックスとは?

【日本奇習紀行シリーズ】 四国地方

奇習! 移動売春婦たちは、季節の変わり目に必ずやって来た ― 四国の寒村で農民がハマったセックスとは?の画像1イメージ画像:「Thinkstock」より

 現在でも地方の僻地などへ赴くと、なかなか市街地へと足を運べない高齢者などのために、軽トラックなどで移動販売を行う業者の姿を見かけることも少なくない。しかし、かつてこの国の一部の地域においては、そうした“業者”とは別に、なんともおかしな商売を行う輩も存在していたようだ。


「最近じゃすっかり見かけなくなったけれどもね、それこそ30年くらい前までは、時々そういう連中がやってきたもんだよ」


 かつて、当地にしばしばやってきていたという“怪しげな行商”の存在についてそう振り返るのは、現在、四国地方のとある地域で暮らす真中道夫さん(仮名・80)。真中さんの話によると、この地域においては、ほぼ数カ月に1回ほどのペースで、そうした人物たちが来訪し、自らの“商い”を展開していたという。


「……そうね、言いようによっちゃ“行商人”なんだけれどもね。早い話が、売春をやる女が、何人かで連れ添ってやってくるわけ。で、畑なんかで作業してる男を見かけては、近寄って声をかけて、話がまとまったらその場でやってしまうっていう。そういう連中だね」


 真中さんの話によると、季節の変わり目頃になると必ずやってくるという、その“売春グループ”とも言うべき女性たちは、概ね、5~6人が1組となり、自らの“商売”を展開していくのだという。そのため、彼女たちが訪れると、一斉に周囲の田畑で働く男たちは作業をやめ、つかの間の“一服”を堪能することになるのだそうだ。

奇習! 移動売春婦たちは、季節の変わり目に必ずやって来た ― 四国の寒村で農民がハマったセックスとは?の画像2イメージ画像:「Thinkstock」より

「まあ、私なんかもそうだったけれども、一度畑に出ちゃうと、仕事が終わるまでは家に戻らずに、食事も便所もそれこそ何でもその場で済ませようとするからね、女たちともそうだったよ。だからあの連中がきているときは、周囲一面の田畑から男たちの姿が見えなくなっちゃうの(笑)」


 それが“流し”の売春婦たちであるという性質上、彼女たちが一体どこからやってきて、どこへと向かっていくのか、また、そもそもなぜこうした商売を始めるに至ったかなど、詳細な点については今なお不明であるが、いわゆる“色町”から遠く離れた地方の寒村においては、もしかするとその当時は、それなりの需要が存在していたのかもしれない。

文・取材=戸叶和男

●戸叶和男の記事一覧はコチラ

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

人気連載
暴力描写が過激ぎて欧米で上映禁止! 壮絶リンチ、耳切り、残酷すぎる人体損壊の名作『続・荒野の用心棒』

暴力描写が過激ぎて欧米で上映禁止! 壮絶リンチ、耳切り、残酷すぎる人体損壊の名作『続・荒野の用心棒』

――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・天野ミチヒロが、ツッコ...

人気連載
トランプ好きでもQアノンを信じるな! ジェームズ斉藤が解説する「ディープステートの思惑とCIAの裏工作」

トランプ好きでもQアノンを信じるな! ジェームズ斉藤が解説する「ディープステートの思惑とCIAの裏工作」

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェー...

奇習! “移動売春婦”たちは、季節の変わり目に必ずやって来た ― 四国の寒村で農民がハマったセックスとは?のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル