奇習! 「まわして頂戴、嫁娘」断ったら村八分 ― 隣組の共有物にされた女たちのセックス=東海地方

【日本奇習紀行シリーズ】 東海地方

奇習! 「まわして頂戴、嫁娘」断ったら村八分 ― 隣組の共有物にされた女たちのセックス=東海地方の画像1画像は「Thinkstock」より引用

「♪とんとんとんからりんと隣組」という歌い出しが印象的な戦時歌謡曲でも知られるように、かつて日本には全国的に「隣組」という組織が存在し、その一部は、戦後70年以上が経過した今でも、少しずつ形を変えて各地域に点在しているが、そうした「隣組」をベースとした住民組織の中には、“あらぬ行為”を「規則」として住民たちに強要していた組織も少なくないという。


「……まったく、昔の人間はホント、ロクなことを考えないもんでね。しかもそれを“おかしい”と言っただけで、のけものにされる。今思い出しても腹が立ってくるよ」


 自身がかつて暮らしていた東海地方のとある地域に存在していた“隣組もどきの自治組織”の実態についてそう証言するのは、この組織によるローカルルールに嫌気がさし、後年、首都圏へと移り住んだという渡辺治さん(仮名・87)。渡辺さんの話によると、当地における住民による自治組織で強要される“連帯”は、常軌を逸したものであったという。


「言ってしまえば、カミさんに先立たれたヤモメのために、自分の女房や娘なんかを貸し出さなくちゃいけないっていう決まりがあってね。日用品や調味料じゃあるまいし、そんな気軽に貸せるはずないじゃない。それがイヤになって私は引っ越したんですよ」

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ