あまりにも奇妙で謎多き未解決失踪事件5選! “涙のハイウェイ”で消えた女、UFOに乗って銀河に行った男…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2

■登校途中に消えた少女

1801_fumei_09.jpg画像は、「wnyt.com」より

 1986年4月、米・ニューヨーク州サラトガ・スプリングズに住む13歳のタミー・マコーミックは、登校途中で行方不明になった。姿を消した当日、彼女はスクールバスに間に合わずヒッチハイクをして学校へ向かうと妹に伝えていたという。タミーの母は「友達の家にいると思った」と話しており、娘が行方不明になってから2日後に警察に通報。警察の調査でタミーがフロリダへ家出する計画を立てており、友人にも話していたことが判明した。しかし“家出計画”による失踪だという確証も得られず、彼女は行方不明のままに。この25年後、警察はついにアーサー・メイソンという男によってタミーが殺害されたと公式発表。だが、彼女の遺体は発見されておらず、タミーの身に何が起こったのかは未だに謎のままだ。
(文=山下史郎)

1801_fumei_10.jpg画像は、「THE RECORD」より


参考:「LISTVERSE」、ほか

コメント

2:匿名 2018年2月5日 16:53 | 返信

>> 1

現実的に考えればそうなるのね

1:匿名 2018年2月5日 00:46 | 返信

まぁ、正直な話、女と子供は誘拐殺人で死体は人里離れた森の中に捨てたんだろうねw
男は自殺だろ?w
「UFOに乗って実家に帰る」ってのは遺書だろ?w

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。