【地震予知】「2月16日の部分日食前後&25~28日の地震・噴火に警戒、ビットコインも注意」2月の危険日をLoveMeDoが解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

【Love Me Doの占いコラム連載! 芸能・スポーツ・地震予知を当てまくる!!】

rabumidohonn.jpg
ラブちゃんの新刊『部屋の角には神様がいる! LoveMeDoの5分で簡単引き寄せ風水』絶賛発売中! 自分の神様を見つけて運気を上げられるよ!

~数々の芸能人・スポーツ選手から「当たる!」と評判の占い芸人Love Me Do氏(通称・ラブちゃん)。メディア露出の多い人気占い芸人の影に隠れているものの、約20年間学び続けた占いの実力は“あまりにも高すぎてドン引きされるレベル”だという。主な占い実績としては「東日本大震災、熊本地震、トランプ大統領の就任の的中」が挙げられ、占星術、四柱推命、 手相、タロット、 人相、顔相占いなど多数の占い技術を使いこなす~


■1月に的中した予言

 ラブちゃんはトカナでの予知以外に、自身のSNSでも日々感じ取ったことを発信しているが、1月18日付のブログで「1月18日~1月23日までは、地震や噴火などなんらかの災害に注意だったりも!? 海外の場合も!?(←クリックするとブログに飛べます)」と、警鐘を鳴らしていた。すると1月22、23日にフィリピン・ルソン島にあるマヨン山が噴火。また、23日にはアラスカ湾でM7.9の地震が観測されている。

 一方、日本でも23日に草津白根山が噴火。ちなみに、ラブちゃんはかねてから「鑑定で導き出した日にちは、1日程度前後することもある」としており、1月24日のブログにも地震、噴火に注意をしてみて。とコメントしてあり、やはり、1月24日にも北海道、青森、岩手で震度4の地震が発生したほか、上記のマヨン山でも激しい噴火が確認され、6万人が避難する事態となった。2017年12月の年末のトカナの連載記事でも2018年は大噴火の年として予言している。さらに、もうひとつの記事には1月の月末に「ビットコインの動きに注意」と書いていたが、コインチェック流出という大事件が起き、的中した。

 こうしてラブちゃんの予言通り、各地で災害が続いてしまった1月だが、実はまだ終わっていない。1月の地震・災害予知(過去記事参照)で触れていた1月31日の皆既月食が、2月1日まで影響する可能性が高いというから、要注意だ。そんな状態から始まる2月は、一体どのような1ヵ月になるのか。


■2月の地震・災害・事件予知

ThinkstockPhotos-892550500-(1).jpg
画像は、Thinkstockより

・さそり座×下弦の月 7日~8日に気候変動?

 2月8日にさそり座で下弦の月になるため、その影響が現れる7~8日は気をつけてください。さそり座という星座は、昔から「破壊的」で、「怒ったら最後、絶対に許さない」ような星座といわれているだけに、さそり座で下弦の月を迎えるこの期間は、大きな破壊力が発揮されやすいんです。自然界では地震や噴火、また季節的に大雪や雪崩、気温の急激な変化といった恐れがありますが、それ以外にもお金の動きを見逃さないように。ビットコインや株などでも、大きな変動があるかもしれません。

・太陽と木星の位置が凶角に……2月10日~12日に災害やトラブル?

 2月11日に太陽と木星が凶角になるので、その前後を含めた2月10~12日に警戒が必要です。太陽が日出ずる国の「日本」を現すと考えた時、木星は「海外」の意味を持っていますから、日本と海外の政治的な摩擦、トラブルとして出る可能性があります。また、木星は「幸運」の星でもあるため、「日本」と「幸運」が凶角に位置するとあって、「幸運じゃない」ことが起きる=災害に注意したほうがいいかもしれません。

 さらにこの時、月が「安心」、「安全」を意味するやぎ座の方位にありますから、「安心や安全について考えなければいけない」というメッセージと捉えらえる。これが「海外」への影響で出た場合、災害だけでなく、何か大きな事件として報じられるパターンも有り得ます。