【閲覧注意】ロシア80人殺し「ウェンズデー・キラーのポプコフ」 ― “母似の女”の首を切り、心臓をえぐり… 元警官の最凶殺人鬼!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3

■ほろ酔いの若い女性を狙う

 犠牲者の遺体が水曜日に発見されることが多かったことから“ウェンズデー・キラー”の異名を持つポプコフの連続殺人は1992年に始まった。当時ポプコフはシベリア・イルクーツク州の警察官であり、夜の街をパトカーで巡回中に少し酔って歩いている女性に声をかけて家まで送ると車に乗せ、ひと気のない場所に向かい犯行に及ぶという手口で犯行を重ねていた。パトカーを運転する制服姿の警官に声をかけられた女性たちは、安心しきって車に乗ったのだろう。また一方で非番の日や警察官ではない時期の犯行では自家用車を使っていた。

 被害者は若い女性ばかりでメインの年齢層は19~28歳であった。ドライバーやナイフで拷問した上で殺害し、斧で首を切り落としたケースや心臓がえぐり出された遺体もあった。そしてたいていの場合、遺体は郊外の雑木林の中で発見されていた。死後に死体姦に及んでいたことも確認されており、このことがDNA鑑定による犯人割り出しにつながったのだ。

 警察官時代のポプコフは周囲から見れば実に真面目な勤務状況の警官であり、1児を授かった3人家族の父親であった。何がポプコフをこれほどの大量連続殺人に向かわせたのか。取り調べで彼は2つの犯行理由を述べている。

irkutskserialkiller2.JPG事件を報じる新聞記事 「Daily Mail」の記事より

 ひとつは「街から売春婦を一掃するため」だとポプコフは話している。少しほろ酔いの若い女性を狙ったのは売春婦の可能性が高いということなのかもしれないが、実際の犠牲者は一般の女性の方が多かったという。しかしそこには別の犯行因子もあったのだ。

コメント

3:相変わらず気色悪いよなサイコ目地婁R 2018年2月4日 04:49 | 返信

幻覚剤を大量に巻いたり相手の飲料水や料理に薬物いれて
最後には殺すみたいなタイプの人間

2:匿名 2018年2月4日 02:39 | 返信

トランプ大統領とかっていう奴、本当にアタマおかしいんだな、、、
コメが支離滅裂。

1:トランプ大統領(ラーメン大好き小泉さん本人) 2018年2月4日 00:50 | 返信

そんなに殺して終身刑なら、それ以上殺しても刑罰は変わらないのでは?
完全犯罪を狙うにはお粗末すぎる。おいおい、それは嘘だろう。
しんじがやりたかっただけ。性病も嘘。
元警察官のポプコフってポプちんのことか?売春婦はお前の母親のことだろう。
私を愚弄するとは!失礼な奴だ。
お前なんかしんじまえ!

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?