カニバリズムを示唆、病を暗示、宣戦布告も…! 本当はめちゃくちゃ恐い世界的ヒット“陰謀歌”5選

 流行に合わせてスタイルを変えていく音楽シーンだが、昔から変わらないのが“ファンによる執拗な分析”だ。プロモーションビデオのワンシーンや歌詞の一節が、世界中のファンによりさまざまな憶測を生んでいる。今回は、そんなファンの調査によって判明した“陰謀論”が囁かれる楽曲を5つ紹介しよう。


■ハリウッドセレブはカニバリズムがお好き?

カニバリズムを示唆、病を暗示、宣戦布告も…! 本当はめちゃくちゃ恐い世界的ヒット陰謀歌5選の画像1画像は、「KATY PERRY」公式サイトより

 ケイティ・ペリーは、自身の楽曲「Bon Appétit」のPVに“料理”として登場。終盤、“料理”を食べようとしていた客たちが“人間パイ”となってしまい、ナイフとフォークを持ったケイティが怪しく笑みを浮かべているシーンで締めくくられている。

 いくつかのWEBメディアは、ケイティがフランスのインタビューで「この曲はカニバリズムを意味している」「ハリウッドの歌手や俳優たちは、本当はカニバリズムが大好きなのだが、キリスト教の教えを守るために人間を食べないだけ」と明かしたと伝えている。しかし、このインタビュー自体の信憑性はあまり高くないようだ。陰謀論者によると、この説はテイラー・スウィフトとそのファンがケイティを皮肉るために広めたものだという。

カニバリズムを示唆、病を暗示、宣戦布告も…! 本当はめちゃくちゃ恐い世界的ヒット陰謀歌5選の画像2画像は、「KiSS 105.3」より
プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ