「明らかに様子がおかしい」真木よう子…“要注意人物”に認定か、第三者の存在も…!?

関連キーワード:

「明らかに様子がおかしい」真木よう子…要注意人物に認定か、第三者の存在も…!?の画像1画像は、「フライングボックス」より引用


 女優の真木よう子が1月中旬をもって所属事務所「フライングボックス」とのマネージメント契約を満了した。

 所属事務所は「今後の活動について、真木よう子本人との考え、方向性の相違から協議の末、契約満了という結論に至りました」と説明。現在契約中の広告、出演映画については「引き続き弊社が責任を持ってマネージメントを担当させていただきます」としたが、期間満了以降の活動については「本人から未定との報告を受けております」と記した。

 妖艶な演技でトップ女優の地位に上り詰めた真木だが、このところは公私ともに「プッツン」と揶揄されるような言動が目立っていた。昨年8月にはクラウドファンディングサイトを利用して自身の写真集を制作し、コミックマーケットへの参加を表明したところ、手法をめぐり批判が殺到。謝罪に追い込まれ、参加を撤回するハメになった。そこに主演ドラマの視聴率低迷も重なり、心身のバランスを崩した真木は撮影をキャンセル。11月に出演予定だった映画も土壇場で降板した。

 先月30日発売の「女性自身」(光文社)では、所属事務所との金銭トラブルも報じられ、真木が長年待遇面に不満を持っていたことなどが記されている。舞台裏を知る関係者は「女性自身の記事は関係者談ということになっていますが、極めて本人に近いところからの証言です。記事が出ることを所属事務所は把握しておらず、それが“ほぼ本人”からのリークということで『これ以上はかばえない』となったようです」と話す。

 ギャラの取り分をめぐり、事務所に不信感を募らせた真木は周囲に「だまされた」と吹聴。事務所が話し合いを求めても、彼女は代理人を立て、徹底抗戦の構えをみせていたという。こうなるともう歩み寄りは難しい。

「明らかに様子がおかしい。真木さんの事務所は芸能界でも割とまともなところ。ギャラの大半を事務所が搾取していたとは考えづらい。むしろ、彼女がこのタイミングで不満をぶちまけた理由がわかりません。所属事務所は交際相手など、第三者の入れ知恵があったとニラんでいます」

 という。かつて“あまちゃん女優”能年玲奈が所属事務所と待遇面で争い、泥沼化したが、その時は彼女のバックに「生ゴミ先生」と呼ばれる演技指導の女性トレーナーがいた。

 スポーツ紙記者は「真木さんのトラブルも能年さんのケースに通ずるものを感じます。違うのは、今回は事務所側が早々と説得を諦めたことで
す」と話す。今後も女優業を続けていくという真木だが、“要注意人物“に認定されたことは間違いない。

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ