ジャニーズのネット解禁どころではない“元SMAP殲滅計画”とは?「“潰し”の第一弾にすぎない」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

,

,

 ジャニーズの影響力が強いテレビでは、ひと足早く“排除”を敢行。香取慎吾の「おじゃMAP!!」(フジテレビ)、草なぎ剛の「ぷっすま」(テレビ朝日)がこの春に放送終了となる。

 当然、地上波から追い出された3人はネット番組に救いを求めることになるが…。「ここにもジャニーズの影が近づいてきています。今年はネット番組にもジャニーズタレントが次々と進出するでしょう。結局、テレビ局と変わらない勢力分布図になってしまう可能性もあります(同)」

 飯島氏とAbemaの信頼関係は磐石ではあるが、すでにジャニーズ事務所がAbemaに出資するテレビ朝日を通じて圧力をかけ、制作陣の入れ替えを迫っているという情報もある。スポーツ紙記者によると「成功に終わった『72時間ホンネテレビ』でも、制作を手伝っていたテレビ朝日のスタッフが放送直前に原因不明の撤退。オンエア当日は飯島氏となぜか大手芸能プロ『ケイダッシュ』の社員が現場を仕切っていました」という。共存共栄という選択肢はないようだ。

関連キーワード

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。