【革命的】死後も活動するゾンビ遺伝子が人体で確認される! “死の定義”が激変する可能性も?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
関連キーワード:

,

,

,

,

,

■死亡推定時刻算出に貢献

【革命的】死後も活動するゾンビ遺伝子が人体で確認される! 死の定義が激変する可能性も?の画像3画像は「BBC」より引用

 2016年の研究では、死後に生き残る遺伝子の存在が死亡推定時刻の正確な算出に役立つ可能性が指摘されていたが、今回の研究により、人体サンプルでも同様の現象が確認されたことで、応用可能性がさらに高まった。というのも、今回の研究では、サンプルから得られたデータはどの検体でも一貫性を示しており、RNAレベルから正確な死亡推定時刻を算出こともできるだろうからだ。

 一般に死亡推定時刻は、残留体温の低下、死後に生じるアザのような死斑、目の白濁度合い、死後硬直、腐敗の程度など、さまざまな遺体の兆候から総合的に推測される。季節や遺体の置かれていた場所(土中、水中、地面など)で変化はあるが、大体の死亡時刻を推定することはできると言われている。しかし、結局のところ最終的には法医学者の経験による推理となってしまうため、完璧な手法とは言えないことは確かだ。だから、RNAのレベルで死亡推定時刻が算出できるようになれば、ヒューマンエラーを含まない完全に科学的な手法となるだろう。

【革命的】死後も活動するゾンビ遺伝子が人体で確認される! 死の定義が激変する可能性も?の画像4画像は「Thinkstock」より引用

 しかし、今回のサンプルはどれも死後24時間のサンプルであったこと、年齢や死因など考慮すべき要素が検討されていないことから、グイゴ教授は「実践での使用に耐えるメソッドではない」と遠慮がちに述べるにとどまっている。

 生命のメタファーを蛍光灯だとすると、スイッチを切れば即時的に光は消えてしまう(死んでしまう)。これは現在ひろく受け入れられている、生と死がはっきりと分断された死の捉え方だろう。しかし、米カリフォルニア生物医学系研究所「ソーク研究所」のサケット・ナブラカ博士と米デューク大学博士課程に在籍するジョナサン・スエン氏は、脳とコンピュータの類似性を指摘し、人間の死をコンピュータのシャットダウンになぞらえて考えている。コンピュータのシャットダウンはゆっくりとした段階を踏むものだ。血流や呼吸の停止後も遺伝子レベルでは生きているという今回の研究結果に即したメタファーと言えるだろう。

 死をめぐる発見は日々アップデートされている。いつか全く新しい死の定義が生まれるかもしれない。今後の研究に期待しよう。
(編集部)


参考:「BBC」、ほか

関連キーワード

コメント

1:トランプ大統領 2018年2月17日 01:12 | 返信

ゾンビじゃないだろ!期待してしまったではないか?
例えば、人間は実はいつでも心臓を止めることが出来、生き帰る機能を持っているとか?
チョンこと卯の戦士に友達にされると、むくむくっと起き上がって奴隷化するとか?
それ以前に、おまいらはすでに人造人間であり
さらにアップデートされて基地外のチョン化したゾンビになっているのはわかる。
気持ち悪い行動を取って、日本人に嫌がらせをしてくるからな。
今すぐ粉砕機にぶち込んで安楽死させてやりたい。
生きているだけで不幸なのは見ている方もつらいものだ。
それにチョン公は友達だとかいうな!お前なんか知らないし、その態度と思考が多動性障害のようで気持ち悪いんだよ。人間をウンコに変えるゲームなんか悪趣味だ。私は参加しないぞ!
お友達になってくれる?じゃない!俺はウンコではないし、奴隷のワンコなど要らない。
そんな人間は生きている意味がない。今すぐ、安楽死処分にすべきだ。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。