なぜフジテレビは出演者の身辺調査ができないのか? 取材力低下を嘆く声

なぜフジテレビは出演者の身辺調査ができないのか? 取材力低下を嘆く声の画像1


 フジテレビの新番組への出演が発表されていたものの、過去のセクハラ疑惑が報じられ、結局、放送開始を前に自ら出演を辞退した元NHKの登坂淳一アナウンサー。しかし、フジテレビといえば2016年にも、報道番組に出演が決まっていたショーン・マクアードル川上氏が経歴詐称疑惑を報じられ、降板の憂き目にあっている。

 報道機関でありながらキャスターという番組の看板を身辺調査していないとは思えない。なぜ、フジテレビではこのような失態が続いているのか。

「すべてのテレビ局がそうですが、特に報道や情報番組のメインキャスターは不倫や脱税、隠し子などのスキャンダルがないかどうか調べられます。テレビ局は捜査機関ではありませんが、取材能力に長けた記者を大勢抱えているのでこれを動員するわけです。さらに、万全を期すため探偵を使って調べてもらうことも多いです」(テレビ局関係者)

 こうした体制が整っているならば、なおのことフジテレビの失態が理解できない。いったい何が起こっているのか。

「先日も沖縄での米軍関係者の多重衝突事故を報じた記事をめぐって産経新聞がお詫び記事を掲載したように、今はフジサンケイグループ全体として取材力は落ちているといわれています。とくにフジテレビは経費削減のあおりを受けて記者の数も減っていますし、他の部署から異動してきて現場経験が少ない記者でも現場に出ています。そんな記者が取材したところでネタをつかめるわけないです。そんな人材不足の上、探偵を雇うお金もないので、調査対象のスキャンダルを事前に知ることができないんです」(同)

 フジテレビは報道機関として最も重要な取材力まで落ちているようだ。

「かつてライブドアがニッポン放送を買収しようとしたときには、フジや産経の記者が堀江貴文さんのスキャンダルを調べ上げ、世論を味方につけようとしていました。そのとき動員した数はすさまじいものがあったといわれますが、今は見る影もないです。このままでは、今後もキャスターを発表したあとにスキャンダルが発覚する最悪の事態が続くのではないでしょうか」(同)

 果たして取材力を取り戻し、再び輝く日はやってくるのだろうか。それとも本当にこの失態が続くのであろうか。
(文=吉沢ひかる)

なぜフジテレビは出演者の身辺調査ができないのか? 取材力低下を嘆く声のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで