【彼氏怪談】イケメンと付き合った美女は見た! 裸の彼氏が深夜ベランダで… トンデモなく恐ろしい光景と“謎すぎる男”の正体とは!?

【新連載】”肉食系女子”という流行語の生みの親であり、自身も超肉食な日々を送る恋愛ライター・桜木ピロ子が取材! 恐すぎる恋バナを追う「彼氏・彼女怪談シリーズ」

【彼氏怪談】イケメンと付き合った美女は見た! 裸の彼氏が深夜ベランダで… トンデモなく恐ろしい光景と謎すぎる男の正体とは!?の画像1イメージ画像:「Thinkstock」より

 美人でスタイル抜群の加納恵美さん(仮名)、32歳。アパレル販売員。明るく染めた長い髪が色っぽい。

「夜の仕事もずっとしていますよ。接客業が好きなんです。たまに正社員で働くこともあるけど、ほとんどアルバイトでやってきています」

 そう自己紹介した彼女が、2年前に付き合っていた彼氏の不思議な行動について話してくれた。

「当時、不動産の営業のアルバイトをしていたんです。営業といっても、私はアシスタント。彼と知り合ったのは、会社の飲み会です。ディーン・フジオカに似て、王子様みたいな雰囲気だと思って。優しい話し方が強く印象に残ったことも思い出します」

 同期の友人として参加していた彼は2歳年上。恵美さんは当初、ジェントルな彼を友達に紹介しようと思い、連絡先を交換したという。

「ラインで連絡するようになって、趣味がアウトドアだったり、ドライブだったりすることがわかりました。それで、ある日どこかに行きたいと思って遊ぶ約束をしたんです」

【彼氏怪談】イケメンと付き合った美女は見た! 裸の彼氏が深夜ベランダで… トンデモなく恐ろしい光景と謎すぎる男の正体とは!?の画像2加納恵美さん(仮名)、32歳

 これを機に、恵美さんと彼は一緒にドライブしたり、飲みに行くという関係を数カ月続けた。

「私にしては、すごくスローペースでしたね。彼って顔に似合わず純情なんだなぁって思ってました。でも、何だかんだ1週間に1回くらいは会ってたかな……。それで、4カ月後にちゃんと『付き合って欲しい』って言われて。その時は、もう私も好きになっていたので、即OKしました。カッコいいし、スタイルも健康的でいいんですよぉ」

 まさに美男美女のカップル誕生、といったところか。しかし、恵美さんはすぐに“違和感”を感じ始める。

「最初に彼とセックスした時はホテルだったかな。ごく普通の優しいセックスでした。二度目にそういう雰囲気になった時は、彼の1LDKの家にお泊りしたんです。『家具も無印で揃えました』みたいな、いかにも一人暮らしの男の人の家でしたよ。でもね、服を脱いだら彼、ふんどしをつけてたんです……。最初の時はトランクスだったのに」

 筆者は、ズボンを脱いだらシルバーに光るTバックを穿いていた男に出会ったことがある。しかし、さすがに普段からふんどしを身に着けている男は見たことがない。

「もう、何も言えなかったですね。でも、3度目にふんどしを見せられた時、思い切って聞いたんですよ。『それ、いつも穿いてるの?』って」

 すると彼は、さらりと「締め付けがないから快適なのだ」と言ってのけたという。

「でも、もっと詳しい理由を聞いたんです。そうしたら、何年か前にすごく仕事が忙しくて、病気をしたっていうんですね。腫瘍ができたって。それまでは、浴びるようにお酒を飲んで、夜遊びばかりしていたらしいんですけど、病気をしてからは健康に気をつけるようになったそうです。それで、色々調べたら、天然素材で締め付けのないふんどしが健康に良いことがわかったって言ってました」

 たしかに、そういう事情なら辻褄の合う話だ。

「だから、それ以上ふんどしについては別に気にしませんでした。でも、彼の家によく泊まるようになってから私、彼を見る目が変わりました」

 なんと恵美さんが夜中に目を覚ますと、隣で寝ているはずの彼がいないのだという。

「そんなに広い家ではないですから、ベランダがすぐ見えます。それで、カーテンが空いてると思ったら、ベランダに上半身裸の彼が正座してるんですよ」

 声をかけるよりも先に、ベッドから降りた恵美さん。ベランダを覗いてみた。

【彼氏怪談】イケメンと付き合った美女は見た! 裸の彼氏が深夜ベランダで… トンデモなく恐ろしい光景と“謎すぎる男”の正体とは!?のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル