「一族すべて祟ってやるという霊は…」霊能者・流光七奈が語る“2018年の予言と不成仏霊”の実態!

関連キーワード:

,

,

,

,

51ScSE0RPCL._SX350_BO1,204,203,200_.jpgダンナさまは幽霊』(イースト・プレス)


“視える占い師”として活躍する流光七奈先生は、闘病後に亡くなったダンナさま(通称ハカセ)の霊と2年近く
一緒に生活したという。流光先生は、その不思議な体験を収めた『ダンナさまは幽霊』(イースト・プレス)
を昨年9月に上梓した。インタビュー第2回では、今、誰よりも死後の世界に精通している流光先生に、霊能者から見た世間を震撼させたアノ事件の真相、何百年も祟る不成仏霊や家系の因縁などディープな霊の世界を語ってもらう。そして、2018年はどんな年になるのかズバリ予言してもらった。

【第1回はコチラ】


■幽霊の猶予期間

ryuko0228.jpg流光先生

――先生の新著『ダンナさまは幽霊』には、死んでから3年ぐらいは現世に幽霊として残ることができると書かれていましたね。

流光先生(以下流光) 3回忌までは、お迎えの車が来るので楽に天国に逝けます。ですが3回忌を過ぎると自力で逝かないといけないので大変なんですよ。3回忌を過ぎてもこの世に残った幽霊は不成仏霊状態になり、不成仏霊界に勧誘されるんです。強い意志で勧誘を断ることができればいいのですが、不成仏霊界に1度入るとなかなか抜け出すのが難しく、また成仏することもできにくくなります。


――人間は死んでからまた輪廻転生をしますが、幽霊のままずっと現世にいるという場合もあるんでしょうか?

流光 自分の意志で幽霊のまま現世にいる状態は、タイミングの問題なので、本来は成仏しているんですよ。ですが、不成仏霊になった人は逝きたくても逝けない状態なので、何百年もそのままの場合があります。


■何百年も祟り、一族を破滅させる不成仏霊

――何百年も不成仏霊でいるとはすごいですね。そうなると成仏するためには、霊能者の力を借りないといけな
くなりますね。

流光 むしろ「一族すべて祟ってやる!」という霊は、何百年も不成仏霊でいないと一族全員を祟りきれないんです。ちなみに不成仏霊の場合、まずご本人が死んだことに気が付いていないケースが多いですね。それを教えてあげるには、すごく力がないといけませんし、成仏させるのも難しいんです。


―― 一族全員祟るために、不成仏霊の状態で何百年も現世に居続けるなんていう恐ろしいことがあるんですねね。

流光 はい、そうです。でもね、そこまでいくと1人の不成仏霊だけじゃなくなってくるんですね。その怨念に同調したいろんなものがくっついてきて、どんどん力が強くなっていっちゃうんですよ。


――じゃあ、そんな強烈なものに祟られた一族は、いずれ滅亡していくのでしょうか。

流光 そうなりますね。

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ