「R-1ぐらんぷり」で優勝した6人の末路…天国だけではない、地獄の人生を歩む者も!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

R-1ぐらんぷり

,

加藤宏和

0301roneGP_01.jpg
※イメージ画像:『R-1ぐらんぷり2018公式サイト』

 今年で第16回を数えるピン芸人日本一決定戦『R-1ぐらんぷり2018』(フジテレビ系)が3月6日に開催される。同大会は『M-1グランプリ』や『キングオブコント』などと並び若手芸人の登竜門となっている。決勝には、昨年の『女芸人NO.1決定戦THE W』で優勝を果たしたゆりやんレトリィバァのほか、普段はロボットエンジニアのカニササレアヤコ、盲目の漫談師・濱田祐太郎など異色のメンバーが舞台に上がる。

 多くの芸人は賞レースでの成績にかけているそうだ。しかし、優勝すれば確実に売れるのかというと疑問符がつく。過去の『R-1ぐらんぷり』優勝者は、その後、どのような人生をたどっていったのだろうか。

0301roneGP_hanadai.jpg
※イメージ画像:『博多華丸・大吉式ハカタ語会話』

 確実に売れたといえるのは博多華丸である。華丸は、児玉清のモノマネと「あいうえお作文」を組み合わせたネタで2006年に開催された第4回大会の優勝をもぎとった。

 もともとは博多華丸・大吉というコンビの漫才師。福岡で長い下積みを経て、『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系)の一コーナー『博士と助手〜細かすぎて伝わらないモノマネ選手権〜』で華丸が児玉清のモノマネを披露してプチブレイク。相方の大吉も『アメトーーク』(テレビ朝日系)でのトークが評判を呼び、ふたりの知名度は全国区へと広がっていった。

 ネタでもバラエティ番組でも着実に力をつけてきたふたり。華丸の『R-1ぐらんぷり』優勝は、コンビがステップアップするための踏切台として、利用できた好例といえるのではないだろうか。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。