元AKB前田敦子の散々な女優評価! “擬似フェラ拒否事件”も勃発か…!?

関連キーワード:

,

 国民的アイドルグループ「AKB48」の不動のセンターで、現在は女優としても活躍する前田敦子。着実に女優としてキャリアを積んでいるが、現場の評価は今一つという声もある。

「これまでも『毒島ゆり子のせきらら日記』など、エロティックな演技を披露してアイドルの殻を破ってきた前田さんですが、自分が納得いかないエロシーンはカットさせることもあるんだとか。今時めずらしい、自分の意見をはっきり言える女優ゆえに現場から嫌われてしまうこともあるそうです」

 そう語るのは映画関係者だ。昨年12月に公開された大泉洋主演の映画「探偵はBARにいる3」でのこと。台本には前田の“擬似フェラチオ”のシーンがあったそうだが、彼女はそれを頑なに拒否したという。現場関係者の証言。

「あくまで“擬似”で、男性の股間に顔をうずめるだけのシーンだったのに、前田さんはダダをこねた挙句、プロデューサーの元に行き『このシーン、必要あるんですか! 私はそうは思いません!』と注文をつけたそうです。結局、彼女の猛反発でその部分は丸ごとカットされました」

 芸歴ウン十年の大物女優の依頼ならまだ通じるのだが、前田まだその域までは達していない。当然、現場スタッフからは「おまえ、何様なんだよ」という声も出てきてしまったという。

人気連載
ホームレスの「空き缶ビジネス」を体験してみた!ショッキングな結果に…村田らむレポート

ホームレスの「空き缶ビジネス」を体験してみた!ショッキングな結果に…村田らむレポート

――B級スポット、樹海や禁断の土地、ホームレス取材を得意とす...

人気連載
黒人の白雪姫をナンパして青姦、小人たちと乱交…! 人種・障害者・ゲイが絡む絶対封印映画『白雪姫とエッチな仲間たち』が酷すぎる!

黒人の白雪姫をナンパして青姦、小人たちと乱交…! 人種・障害者・ゲイが絡む絶対封印映画『白雪姫とエッチな仲間たち』が酷すぎる!

――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・天野ミチヒロが、ツッコ...

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ