元AKB前田敦子の散々な女優評価! “擬似フェラ拒否事件”も勃発か…!?

関連キーワード:

,

「ヒロインの北川景子さんにもライバル心むき出しで、前田さんは目も合わせませんでしたね。反骨精神は女優にとって大事なことですが、彼女の場合は、チヤホヤされていたアイドル時代の勘違いから抜けきれていない部分があるようです。今は演技がそれなりに評価されている上、裏でさまざまな“力”も作用していることから仕事に困ることはないようですが、このままでは“使いたくない女優”として映画業界で認知されてしまうかもしれません」とは映画関係者だ。

 邦画・洋画問わず年間300本以上のDVDを見て、演技の研究をしているという前田。見ているうちにできた気になっているのか「自分の演技力には自信を持っている(同)」そうだが、業界の評価はまだまだ“それなり”といったところ。本当の意味で脱皮するには、劇団の合宿所から始めるべきだろう。

人気連載
アナタの“恋愛こじらせ度”がマジで当たる4択占い! 「面倒くさい人」と思われないために… 占い師Love Me Doが本気助言!

アナタの“恋愛こじらせ度”がマジで当たる4択占い! 「面倒くさい人」と思われないために… 占い師Love Me Doが本気助言!

■“こじらせ”傾向診断 「以下が一斉にバトルをしたとして...

人気連載
ホームレスの「空き缶ビジネス」を体験してみた!ショッキングな結果に…村田らむレポート

ホームレスの「空き缶ビジネス」を体験してみた!ショッキングな結果に…村田らむレポート

――B級スポット、樹海や禁断の土地、ホームレス取材を得意とす...

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ