“若作りがキツイ”と叩かれる女性タレント4人! 猫耳、ミニスカ、舌ペロ…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3
1803_wakai_01.jpg画像は、「渡辺美奈代」オフィシャルブログより

 

 3月2日、渡辺美奈代(48)が自身のブログ「Minayo Land」を更新し、ドアップのすっぴん自撮り画像を投稿した。「花粉症で 鼻も目もかゆくて ついにマツエクとってしまいました すっぴん」とブログに綴られており、ブログのコメント欄には「すっぴんでも可愛い」といった絶賛の声が寄せられている。しかしネット掲示板では「すっぴん自撮りとか、いつまでも若いつもりなんだろうな。年を考えたらいいのに」「いい歳したおばさんが若い子と同じことすんな。見苦しい」と否定的な声が続出。

 渡辺は他にも猫耳やウサギ耳をつけた自撮りなどを投稿して、「若く見せようと必死」「これはキツイ」といった声があがることも多い。そこで今回は、若作りがキツイと言われてしまっているタレントを紹介していこう!


●平子理沙

1803_wakai_02.jpg画像は、「平子理沙」公式Instagramより

 まずは平子理沙(47)。いくつになっても若い女性の代表格的な彼女だが、最近では「若作りがキツイ」という声が大きくなっている。

 17年9月にはHIPHOP風の服を着た自撮り画像を投稿したのだが、「アラフィフでこれはイタい」「なんで無理な若作りをするかな」と否定的な声が続出した。そして12月に『もしかしてズレてる?』(フジテレビ系)でオーガニックの食材にこだわった私生活を公開すると、「こうまでして若作りしたくない」とドン引きされることに。また、インスタグラムの自撮りでは確かに若く見える平子だが、テレビで見ると「年相応に見える」「インスタは加工しているだけなんだな」と言われることも。

人気連載
奇習! 童貞青年を人妻が筆下ろしする「性人式」があった! 盛り上がりすぎてヤバいことに…=西日本

奇習! 童貞青年を人妻が筆下ろしする「性人式」があった! 盛り上がりすぎてヤバいことに…=西日本

【日本奇習紀行シリーズ】 西日本  毎年正月を過ぎる頃にな...

人気連載
犬のお墓にまつわる本当にあった超怖い話 ― 四国「犬神信仰」の祖母が遺した“死の祟り”(川奈まり子)

犬のお墓にまつわる本当にあった超怖い話 ― 四国「犬神信仰」の祖母が遺した“死の祟り”(川奈まり子)

作家・川奈まり子の連載「情ノ奇譚」――恨み、妬み、嫉妬、性愛...

コメント

3:匿名 2018年3月14日 07:09 | 返信

こんな記事でいいなら俺にも出来るだろうしライターやってみようかな

2:匿名 2018年3月12日 02:10 | 返信

1番の人にイイネ一票
記者が炎上商法を狙って必死なだけ
惨めなもんだ

1:匿名 2018年3月8日 13:19 | 返信

若作りがきついと言う話で男性があまり話題にならないのは女性差別なんじゃないのですかね。

大体歳をとった女性が汚いってどう考えても女性蔑視だと思うのですけど。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。