【朗報】人間の「生物学的時間」を遅くする研究が始まる! 負傷者を“クマムシ化”する究極延命法(DARPA)

■神秘の生物クマムシ

 細胞の機能を停止させるというアイデアはそれほど突飛なものではない。生物の中にはすでにその仕組みを持っている種も存在する。そのような生物として有名なのはクマムシだろう。クマムシは活動を停止して乾眠という状態になると、極度の高温に低温はもちろん、長期の渇水、大量の放射能、さらには真空状態にも耐えられるという。

【朗報】人間の「生物学的時間」を遅くする研究が始まる! 負傷者をクマムシ化する究極延命法(DARPA)の画像3クマムシ。画像は「Daily Mail」より引用

 この状態はクリプトビオシスとも呼ばれ、体内の生化学的なプロセスは停止しているが、決して死んでいるわけではない。乾眠したクマムシに水を与えると、何事もなかったかのように復活するのである。

 当然だが、人間はクマムシのようなシステムを持たない。人間を冷凍保存しようという試みも存在するが、今の技術では人体の細胞や組織を損傷なく凍らせることも、無事に解凍させることもできないのだ。

 DARPAは分子レベルから研究を始め、まずは細胞レベルでの代謝プロセスを停止・遅延させる方法を模索していくという。そしていずれは組織や体全体へとスケールアップしていきたいと考えているようだ。非常に壮大なコンセプトであり、予算を取るための大ボラにも思えなくもないが、もし成功したならばその恩恵は計り知れない。戦場のみならず、多くの人がこの技術によって命を救われることはもちろん、食品や生物学的薬品などの貯蔵期間の延長にも応用は可能だ。

 また、この研究の成功はコールドスリープや寿命の延長といった技術にも寄与するだろう。遠い未来まで眠りについたり、遥か遠い宇宙の彼方へと生きたまま旅したりすることも可能となるだろう。まさに胸躍る未来の技術である。科学を飛躍的に発展させるのは、いつだって大ボラなのだ。

参考:「Daily Mail」「Live Science」ほか

 

TOCANA編集部

地震予知、不思議科学、UFO、オカルト、世界遺産など知的好奇心を刺激するニュースを配信
Twitter:@DailyTocana
Instagram:tocanagram
Facebook:tocana.web

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

【朗報】人間の「生物学的時間」を遅くする研究が始まる! 負傷者を“クマムシ化”する究極延命法(DARPA)のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル