機内で全裸オナニー、注意したCAを襲い、座席に放尿した男! 飛行機を襲う“モンスター乗客”の奇行が最終形態へ!

 グレードに応じてのことではあるものの、可能な限りはくつろげるサービスを提供してくれる航空各社だが、機内は決して自分の部屋ではない。個室でなければできない行為を行えば当然ながら“お縄”にされる――。


■旅客機内で全裸オナニー

 重い荷物を携えた空港までの移動やチェックイン手続きなど何かと心労の多い空の旅だが、乗り込んだ機体がようやくテイクオフしたからといってリラックスしすぎてはいけない――。

 3月3日夜、マレーシア・クアラルンプールを飛び立ったマリンド・エア162便の機内でシートベルト解除の許可サインが表示されると、1人旅の若い男性の乗客がシートベルトを外すだけにとどまらずに衣服を脱ぎ始めた。

 3列シートの両隣に誰も座っていないことも男の行動をエスカレートさせたのか、男は全裸になると膝の上でノートPCを広げてポルノ観賞をおっぱじめ、ある意味では自然に手は股間のイチモツへと伸び公共場所では不適切過ぎる行為に及んだのである。

nakedpassenger1.JPGDaily Mail」の記事より

 それほど乗客は多くなかったようだが、それでも男の異様な姿に周囲の乗客は凍りついた。逮捕後の調書によれば、男はマレーシアの大学に通う20歳のバングラディッシュ人の若者だ。

 乗客の証言によれば、異変に気づいたクルーが男のもとを訪れて服を着るように忠告し、いったんはおとなしく従って服を着たという。しかしその後、再び裸同然の姿になってトイレへ向かって通路を歩きはじめ、服を着るようにと女性の客室乗務員が忠告すると、男は彼女に襲いかかったのだ。

 この騒ぎに周りの乗客の幾人かと男性クルーが男を取り押さえ、両手首を後ろ手に縛り上げた。そして到着地のダッカまでのフライトの間、男は拘束されたのだ。男の座席には放尿した跡もあったという。

nakedpassenger2.JPGThe Sun Daily」の記事より

 そしてこの男の姿をとらえたスマホ画像がネットに投稿されるや、男の破廉恥な姿はたちまち世界中に拡散することになった。頭がおかしいとしか言いようがないのだが……。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ